食材百科事典

【加賀野菜】加賀太きゅうり

【加賀野菜】加賀太きゅうり

栄養価

(食品成分表 可食部100gあたり)
エネルギー 14(kcal)
たんぱく質 1.0(g)
脂質 0.1(g)
炭水化物 3.0(g)
ナトリウム 1(mg)
β‐カロテン 330(㎎)
カリウム 200(㎎)

ピックアップ栄養素

β-カロテン

 β-カロテンは、色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。加賀太きゅうりは、淡色野菜ですが、表皮のグリーンにβ-カロテンが多く含まれています

β-カロテンは、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、ビタミンAとしての働きと、β-カロテンとしての働きの両方を兼ね備えています。

*β-カロテンの効能*

・視力低下・夜盲症の予防、改善効果
・黄斑変性症を予防する効果
・粘膜を健康に保つ効果
・美肌効果
・体の成長を促進させる効果
・ガンを予防および抑制する効果
・抗酸化作用の効果

特徴 & ポイント

 片手で持つとずっしりと重い加賀太きゅうりは、1本が600~800gもあります。普通のきゅうり5本分の量があり、別名を『ジャンボキュウリ』ともいいます。東北の短太きゅうりの系統で、形状はずん胴型です。果肉は厚くやわらかいので、普通のキュウリより煮たり炒めたり、加熱する料理に適しています。

 加賀太きゅうりは、昭和11年に金沢市久安町の篤農家米林利雄氏が、仲買人から煮食用の東北の短太系きゅうりの種子を譲り受け、近在の野菜農家7人に分けて栽培したのが始まりです。その当時の加賀太きゅうりはウリに近く、三角形で黄色っぽい色だったといいます。しかし長い年月の間、自然交雑によって現在の形状へと変化し、昭和27年頃に金沢特産の加賀太きゅうりとなりました。

料理レポート

加賀太きゅうりの海老しんじょうと和え物

【加賀太きゅうりの海老しんじょう】

  材料(3人分)

  • 加賀太きゅうり  (1/2本)     
  • ハンペン  1枚              
  • エビ  (すり身用:5尾、飾り用:3尾)         
  • 日本酒  適量         
  • 片栗粉  大さじ1       
  • 生椎茸   1個
  • 塩   ひとつまみ

《だし汁》

  • 鶏がらスープ  400cc
  • 日本酒   大さじ1  
  • 醤油/砂糖   各小さじ1 
  • 片栗粉(餡用)   小さじ2

  作り方

  1. 加賀太キュウリを丁寧に皮をむきます。椎茸は石づき除いてみじん切りにする
  2. 加賀太キュウリは両端を切り落とし、5センチ程の輪切りにする。
  3. 中の種をナイフとスプーンを使って、掻き出して中心部をくり抜く。

 

 

 

 

 

 

4.  海老(5尾)をみじん切りにし、ハンペンと合わせすり身にし、椎茸、片栗粉、日本酒、塩を加えて混ぜる。

 

 

 

 

 


5. ④を③の中に詰め込む。少々盛り上がるようにし、飾りの海老を置く。

6. 小さめの鍋に入れて、出し汁で煮る。沸騰したら中火にし、6~7分で火を止め味を滲み込ませる

7.⑥を取り出して、残った汁をしばらく煮詰め、片栗粉で餡を作る。皿に盛りつけた海老しんじょうにこの餡をかけて完成♪♪

 

 

 

 

 

 

 

火を通すと冬瓜のようにとろとろした食感で、味もよくしみこみとても美味しく頂きました!!


【加賀太きゅうりの和風マヨ和え】

  材料(3人分)

  • 加賀太きゅうり (1/2本)
  • 塩   少々
  • しょうゆ   小さじ1
  • マヨネーズ   大さじ2
  • 鰹節   適量

  作り方

  1. 皮をむき種(わた)をくりぬき、薄切りの輪切りにする
  2. 塩少々をふり10分ほどつけ、水けが出たらしぼる
  3. しょうゆ、鰹節、マヨネーズをあえて盛り付ける♪

 

 

 

 

 

 

 

和え物は、ふわふわとした食感で、醤油マヨネーズとよく合っていました!!

是非、皆さんも加賀太きゅうりをスーパーで見かけたら、作ってみてください。

その他おすすめの食材

こだわり検索

キーワードで探す
旬で探す
食材分類で探す

その他

  • ④カゴメ株式会社

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく 健康な日本食を支える、穀物を現代に、世界に 健康な日本食を支える、穀物を現代に、世界に
  • WFP

給食甲子園

  • 全国学校給食甲子園 給食ひろばは第12回全国学校給食甲子園を応援しています。 給食ひろばは第12回全国学校給食甲子園を応援しています。

企業サイト

  • 株式会社 菜友