給食トピックス

有田町タグのトピックス一覧

2019.11.11 MON , , ,
気に入った箸置きで給食楽しく 有田小4年生が「卓育授業」(佐賀新聞)
「白は陶石、青も有田らしい色で形もかっこいい。いろいろな種類があって選ぶのが楽しかった」
2019.10.23 WED , , , ,
箸置きで有田焼アピール 県陶磁器商業協組がプロジェクト(佐賀新聞)
家庭で使う機会が減った箸置きの意義を伝えるため、学校現場にも出向く。有田小で4年生に、食空間コーディネート協会九州支部の講師による卓育授業を行う。
2017.07.09 SUN , , , ,
地元のアスパラ、給食で食べて JA伊万里部会贈る(佐賀新聞)
県内のアスパラの1反当たり収量は全国2位。伊万里市と有田町では66戸がハウス栽培している。JA伊万里では伊万里市にもアスパラ30キロを贈っている。
2017.05.13 SAT , , ,
有田中部小 給食に金属ねじ混入(佐賀新聞)
同校は自校で給食を作っており、調理場を点検して洗米機のねじと確認した。製造業者とメンテナンス業者が脱落の原因を調べている。12日の給食は手洗いでご飯を提供した。
2017.02.27 MON , ,
西有田中3年生をシェフ給食で激励 OB川原さん 人生に「カツ!」(佐賀新聞)
川原さんが佐賀市で営むレストランのレシピを元に、地元産の食材をふんだんに使って同校の給食室で作った。
2017.01.11 WED , , ,
「世界最強」の磁器材料、佐賀で誕生。強度は一般磁器の3-5倍(日刊工業新聞)
磁器は基本的に骨材とガラスで構成し、ガラスに気泡が存在する。気泡は破損の元となり強度を高める妨げとなっていた。今回、焼成時に気泡を小さく、少なくして高強度を実現した。
2016.12.21 WED , , ,
「世界最強」の磁器開発=給食用など割れにくく-佐賀県(時事通信)
薄く強度が高い磁器が作れるため、蒲地研究員は「国内外のデザイナーと組んだ高いデザイン性のある作品も可能になる」と期待を寄せる。
2016.07.11 MON , , , , ,
アスパラ収穫、児童ら歓声 有田小3年生が体験会 有田町(佐賀新聞)
長さ55メートル、幅18メートルのビニールハウスに入った子どもたちは、収穫の目安となる27センチの針金を付けたはさみを使い、長さを確かめながら切り取った。
2015.08.03 MON , , , , ,
親子で料理おいしいね 有田中部小、20組が参加(佐賀新聞)
メニューは「栄養バランスのいい朝ご飯」をイメージした。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友