給食トピックス

鳥取県タグのトピックス一覧

2018.01.15 MON , ,
ジビエ給食の動き 拡大 鳥取(NHK鳥取NEWSWEB)
「シカ肉を衛生的に処理できる施設も整備され、安全性が確認されたジビエは給食で活用するよう市町村の教育委員会に呼びかけていきたい」
2017.12.18 MON , , , ,
ジビエお試しシカ肉カレー 三朝、学校給食に登場(日本海新聞)
鳥取県調理師連合会「惣和会」(宮崎博士会長)は15日、三朝町内の小中学校で県産のジビエを使った給食メニューを提供した。
2017.11.20 MON , , , ,
ジビエ使ったメニュー提案 県学校給食会が講習(日本海新聞)
鳥取県学校給食会(木下尚会長)は17日、学校給食にジビエを使ったメニューを取り入れていくきっかけをつくろうと、琴浦町徳万のまなびタウンとうはくで調理講習会を開いた。
2017.11.06 MON , , ,
絵本の中の料理 学校給食に登場 岩美町(朝日新聞)
『からすのパンやさん』に出てくるいろいろな形のおやつパンの中から選び、この日のためにパン屋に作ってもらったという。
2017.11.03 FRI , ,
本に出てくる料理を再現 給食で提供 岩美町(日テレNEWS24)
メニューは、『おだんごスープ』という絵本に書かれたレシピを元に地元産のジャガイモなどを使って作られたスープ。またサラダは、1年生の国語の教科書に載っている物語『サラダで元気』の中で、主人公のりっちゃんがお母さんにつくったものをイメージして仕上げた。
2017.11.03 FRI , , , ,
“夢の給食”に笑顔 岩美町、絵本に出てくる料理提供(日本海新聞)
教科書や絵本に登場するメニューを再現した「読と食のコラボ給食」が2日、鳥取県岩美町内の小中学校で提供され、児童らが“夢の給食”を堪能した。
2017.10.06 FRI , , , ,
「白バラ牛乳」がTシャツに 人気沸騰、店頭に行列も(朝日新聞)
白バラ牛乳は、県内のすべての酪農家が加盟する全国でも珍しい同組合の看板商品。デザインは1970年ごろから変わらない。
2017.10.05 THU , , , ,
全共出品牛 給食にお目見え 鳥取・大山町内の小中学校(山陰中央新報)
同町下甲の中山小学校では、給食の準備が始まると児童が待ち切れない様子で配膳を済まし、肉汁あふれるステーキを頬張って「やわらかい」「おいしい」と歓声を上げた。
2017.09.29 FRI , , , ,
全国1位の肉牛 小中学校給食に 大山町(朝日新聞)
町によると、「ランプ」と呼ばれる軟らかい赤身肉で、味に深みがある部分を87キロ分(約94万円)購入し、給食センターや学校の調理場で調理する。
2017.09.29 FRI , , , , , ,
三枚おろしに挑戦 魚食普及へ、生徒がさばき方学ぶ(日本海新聞)
米子市の淀江漁港で水揚げされた新鮮なマアジを使って2年生34人がムニエル作りに挑戦した。
2017.09.13 WED , , ,
とっとり県民の日 県産食材の学校給食(朝日新聞)
食を通してふるさとを愛する心を育んでもらおうと、県学校栄養士協議会が企画した。今年度で15年目。
2017.09.12 TUE , , , , ,
鳥取市学校給食会:9月12日は「とっとり県民の日」
今年は、鳥取の特産「あご(とびうお)」の入った「あごがギュウ~っとドライカレー」が県内全ての学校給食に登場します。
2017.08.03 THU , , ,
鳥取県:平成29年度学校給食衛生管理講習会の開催について
安全安心な学校給食の基本は衛生管理です。学校給食における衛生管理の徹底を図り、食中毒の発生防止に努めるとともに、食物アレルギー等の課題に適切に対応することを目的に、下記のとおり講習会を開催します。
2017.06.21 WED , , , ,
給食にノドグロ干物 境港、渡小では「授業」も(日本海新聞)
ノドグロの干物の製造工程を写真を交えながら紹介し、「鮮度がよくないとおいしい干物にならない。塩加減と乾燥に注意を払っている」と話した。
2017.06.13 TUE , , , , , ,
「きのこウィーク」の鳥取市できのこ給食 (日テレNEWS24)
。使われたのは生のまま冷凍されたしいたけで、匂いが抑え目で食感が生とほぼ変わらないため、しいたけが苦手な人でも食べやすいのが特徴だという。
2017.06.05 MON , ,
給食に占める県産食材(NHK鳥取NEWSWEB)
割合が低下した理由は、▼この冬の記録的な大雪で、大根や白菜などの野菜が不作だったことや、▼魚介類ではイカが不漁で、大きさも小ぶりのものが多く、給食の食材として使いづらかったことなどが挙げられるということです。
2017.05.20 SAT , , , , ,
境港サーモン親しむ あまりこ保育園で銀ざけ集会(日本海新聞)
鳥取県境港市沖の美保湾で養殖したギンザケ(境港サーモン)に親しむ「銀ざけ集会」が「食育の日」の19日、同市の保育園10園で開かれた。
2017.05.13 SAT , , , , ,
泥まみれも丁寧に 「海藻米」田植えで交流 日野町(日本海新聞)
「中山間地で子どもの人数が少なくなる中で、相互交流は子どもたちにプラスになりありがたい」
2017.04.12 WED , , ,
給食半年ぶり再開、喜びの声響く 倉吉の小中学校(日本海新聞)
「とてもおいしい。作ってくれた人に感謝したい」と笑顔でいっぱいだった。
2017.04.12 WED , , ,
「今日の味は最高」 倉吉の学校給食センター再開(朝日新聞)
市内の小中学校では地震直後、給食はパンと牛乳のみになり、11月からは弁当持参に。同月中旬以降、周辺4町から汁物の提供を受けたり、市内の鳥取短大の調理室を借りたりして給食提供日を拡大。弁当の日は週1日程度になっていた。

その他

  • ④カゴメ株式会社

企業広告

  • 株式会社 藤江
  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく
  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友