給食トピックス

静岡県タグのトピックス一覧

2018.04.17 TUE , , , ,
プラスチック片混入 給食パンに 静岡市立小(毎日新聞)
製造業者が確認したところ、生地を分割する器具が破損しており、一部が混入したとみられる。
2018.04.14 SAT , , , ,
給食に地場野菜、もっと JA静岡市女性部(静岡新聞)
18年度は新たにジャガイモやキュウリ、ゴーヤなどを加え20品種近くまで増やすという。
2018.04.13 FRI , , , , ,
ニッポンの食卓 第2部 育ちの現場から/3 地元名産、給食で伝える(毎日新聞)
今年も3月下旬にシラス漁が解禁された。旬は春先だが、市教委は今年度の提供を11月以降と見込む。これだけ衛生管理に気を配ってもなお、細菌が増えやすい気温の高い時期を避けるためだ。
2018.04.10 TUE , , , ,
地元のおいしい牛乳、給食に 富士、富士宮市(朝日新聞)
通常よりも低温の「中温」方式で殺菌され、風味がいいが、生産コストがかかるため、給食に使われるのは珍しいという。
2018.03.23 FRI , , , , ,
門屋学校給食センター完成 地元中学生ら試食、見学 静岡(静岡新聞)
田辺市長が「衛生の行き届いたおいしい給食を子どもに提供し、地産地消や食育を進めたい」とあいさつした。サクラエビや静岡茶を使った給食の試食会やセンターの見学も行われた。
2018.03.10 SAT , , ,
電気使わない給食味わう 防災食体験―三島東小(伊豆新聞)
東日本大震災から7年を迎える11日を前に実施。電気は使えないがガスは使用可能という想定で、湯で温めたカレーと厚焼き玉子、調理したマカロニスープと牛乳、リンゴのメニューにした。
2018.03.09 FRI , , , ,
湖西市議会 給食費や予防接種に助成(中日新聞)
市が昨年、子育て世代を対象にしたアンケートで、給食費や予防接種助成への要望が高かったことを受け、実施に向けて検討している。影山市長は「財源や支給額、対象者の条件など具体的な内容については研究を進めている」と話した。
2018.03.03 SAT , , ,
小学校の給食パンに針金状“金属片” 静岡(日テレNEWS24)
5年生の男子児童が口にしたウインナーとボイルキャベツを挟んだパンの中から、針金状の金属片が発見された。
2018.02.27 TUE , , , , , ,
富士宮産牛乳、学校提供へ 製造工場が完成(静岡新聞)
富士宮市は静岡県内の約50%の生乳生産量を誇りながら、市外で製造された牛乳が給食に提供されてきた。児童生徒に地元産牛乳を飲んで育ってほしいとの思いから、市内の酪農4団体が同社を設立した。
2018.02.27 TUE , , , , ,
小中学校に供給する牛乳工場完成 富士宮市(NHK静岡NEWSWEB)
富士宮市産の牛乳は1日120トンで県内の生産量の半分ほどを占めていますが、これまで殺菌処理などを行う工場がなく地元で流通しないことが課題となっていました。
2018.02.17 SAT , , , , ,
浜松・舞阪小児童がノリすき体験(中日新聞)
浜松市西区の舞阪小学校の三年生八十五人が十六日、同校で浜名湖特産のアオノリを使ったノリすきを体験し、漁師町である地元・舞阪の営みに触れた。
2018.02.11 SUN , , , , ,
静岡茶「愛飲」重点期間を設定 条例県民会議(静岡新聞)
県民会議は県内の児童生徒の愛飲促進に関する取り組みを審議する目的で設置され、教育関係者や茶業団体代表ら13人で構成する。19年度までに県内の全小中学校で茶を提供する目標を掲げている。
2018.02.01 THU , , ,
食材の高騰で給食がピンチ 現場では懸命のやりくりも(SBS静岡放送)
菊川市の学校給食センターでは毎日午前8時から、およそ5000人分の給食を作っています。栄養バランスを考え野菜をふんだんに入れたいところですが、献立を決める栄養職員は、このところの野菜の高騰に頭を悩ませています。
2018.01.31 WED , , , ,
「給食のよりおいしい」 七尾たくあんが完成―熱海・伊豆山小(伊豆新聞)
児童は黄色く染まったたくあんを取り出し、ぬかを水で丁寧に洗い流すと、早速味見した。
2018.01.31 WED , , , ,
アレルギー配慮 給食のカレー皆一緒に 御殿場市立小中学校(静岡新聞)
カレーのルーは乳や小麦の代わりにブランド米「ごてんばコシヒカリ」の米粉を用い、大豆成分の入っているサラダ油の使用を避けた。カレー具材やサイドメニューの食材選びにも注意を払った。
2018.01.30 TUE , , , ,
伊東市学校給食センターを視察―市政モニター(伊豆新聞)
モニターの1人は「見学は初めて。手順がシステム化されているのに驚いた。これなら安心できる」と話した。見学の後、給食の試食も行った。
2018.01.30 TUE , , , , , ,
学校給食 地場食材活用に力 伊東市教委、月1回ふるさとの日(伊豆新聞)
教育総務課によると、2016年度から「地産地消推進事業」として給食への地場食材の使用に力を入れている。本年度も予算として1千万円を計上し、「カマスのフライ」「サザエご飯」などの献立が登場している。
2018.01.28 SUN , , , ,
伊豆中央高生の献立「おいしい」 修善寺中で給食提供(静岡新聞)
修善寺中の管理栄養士と試作検討会を行い、牛乳寒天を市販品で代用した以外は考案メニュー通りに給食にした。
, 2018.01.28 SUN , , ,
プチヴェールに興味津々 沼津の児童、特産野菜学ぶ(静岡新聞)
市は2001年から学校給食にプチヴェールを導入し、地産地消を進めている。ことしは市内小中学校41校で約180キロを提供する予定。
2018.01.24 WED , , , , ,
ラグビーの魅力伝える 矢富、五郎丸選手が授業 磐田(静岡新聞)
五郎丸選手は試合終了をノーサイドと呼ぶラグビー独自の用語を紹介し、「試合に負けたらすごく悔しいけど、ノーサイドの後はすぐに相手と仲良くなれる」と話した。

企業広告

  • 株式会社 藤江
  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく
  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友