給食トピックス

静岡県タグのトピックス一覧

2019.04.17 WED , ,
「給食おいしい」 伊東市内小学校、新入生残さず“完食”(伊豆新聞)
「明日からはハンバーグ、カレーなど、新入生が好きそうなメニューを用意している。初日に残さず食べたのには驚いた」
2019.03.11 MON , , , ,
地域食材 おいしい給食 袋井北小で振る舞い(中日新聞)
コンテストは高校生に和食への関心を高めてもらおうと、県中遠農林事務所が主催。管内七校から七十三点の応募があり、栄養教諭らによる審査で入賞作品を決めた。
2019.03.06 WED , , , ,
沼津市立高生のアイデア給食 伊東・宇佐美小で大好評(静岡新聞)
このメニューは、静岡県が県内の高校を対象に行った地場産品の学校給食コンテストで最優秀賞に選ばれた中の1つで、5日はメニューを考えた高校生も学校を訪れました。
2019.02.26 TUE , , , ,
給食食べた児童がアレルギー症状 静岡市(NHK静岡NEWSWEB)
今回は保護者に伝えた内容に記載漏れがあったということです。
2019.02.22 FRI , , , ,
宗教による食文化の違い学ぶ 静岡県(NHK静岡NEWSWEB)
「学校給食では画一的に同じ食器などを使っている現状だ。外国の文化を紹介し相互に理解しあえるよう、取り組みたい」
2019.02.19 TUE , , ,
静岡県:学校給食担当者向けに、多文化共生理解研修会を実施します。
増加する外国人児童・生徒の食文化等への理解を深めるため、学校における給食管理及び食に関する指導を担っている栄養教諭等を対象に、多文化共生やハラールについての講義や、静岡県立大学の食堂でのムスリムフレンドリー食体験を取り入れた研修会を開催します。
2019.02.15 FRI , , , , ,
ロシア料理、給食で味わう ヤマハ発選手と長野小児童 磐田(静岡新聞)
メニューは牛肉やニンジン、トマトなどを煮込んだロシアの伝統料理ボルシチ。6年生約60人は「いただきます」の代わりにロシア語で「ありがとう」を意味する「スパスィーバ」とあいさつし、ヤマハ発の山村亮、矢富勇毅両選手と会話を楽しみながら食事した。
2019.02.14 THU , , , ,
ふるさと納税で給食費無料、18年度にアマギフ加え寄付急増 静岡・小山町(毎日新聞)
給食費無料化のほか小中学校の学習用タブレット導入、文化財改修などに充てる。
2019.02.14 THU , , , , ,
南ア郷土料理、御前崎で学校給食に ラグビーW杯キャンプ地(中日新聞)
「ラグビーワールドカップ応援メニュー」として、学校給食センターの栄養士がインターネットで調理方法を調べて試作し、提供した。
2019.02.13 WED , , , , ,
学校牛乳の直売所新設 富士宮、飲むヨーグルトも販売(静岡新聞)
同工場で製造する牛乳は一般に流通するものよりも低温の80度で3分間の殺菌処理を施しているため、本来の風味を損なわずに仕上がる。
2019.02.13 WED , ,
給食献立を共同開発 藤枝市×ABCクッキングスタジオ(静岡新聞)
青島小で提供された日には北村正平市長やABCの志村なるみ副社長(同市出身)らが訪れて児童と一緒に給食を味わった。
2019.02.05 TUE , , , ,
志望校合格へ「あしたかつ」 長泉、給食メニューで験担ぎ(静岡県)
5、6日の両日行われる私立高入試を前に、長泉町は4日、受験生を応援しようと町内の全小中学校の給食で「明日はきっと勝つ」にちなんだ験担ぎメニュー「長泉あしたかつ」を提供した。
2019.02.01 FRI , , ,
小山町、給食完全無償化 静岡県内初、4月から幼稚園と小中校で(静岡新聞)
転出入が多いため現金で徴収している学校もあり、完全無償化で教職員の事務負担の軽減も図れる。
2019.01.26 SAT , , , ,
地場産品の特別給食提供 吉田・牧之原の9小中学校(静岡新聞)
よし吉のかわいらしい姿が衣にデザインされたコロッケには、吉田漁港で昨年12月に水揚げされたシラスを使用した。牧之原市のダイコンを使った炒め煮も献立に盛り込んだ。
2019.01.24 THU , , , ,
茶の魅力、ようかんで発信 磐田、給食で児童生徒に提供(静岡新聞)
 水ようかんには濃い緑色が特徴の品種「つゆひかり」を使用した。こしあんを練り込み、香り豊かで程よい甘さの味に仕上げた。
2019.01.24 THU , ,
磐田の農産物、給食に続々 地産地消へ官民連携(静岡新聞)
「白ネギ、好きな人」。今月中旬、磐田市立竜洋西小の1年生の教室。給食で白ネギと鶏肉の料理を味わった児童約30人は、教師の問いに「はい」と一斉に手を挙げた。
2019.01.23 WED , , , , ,
山の恵み、ジビエカレー 浜松・春野の学校給食に(静岡新聞)
ジビエカレーは市春野学校給食センター(同町)が、ジミートからイノシシ肉7キロを仕入れて作った。同センターの担当者は「軟らかくするため、普通の豚肉より約15分長く煮込んだ」と述べた。
2019.01.23 WED , , , ,
給食でジビエ「おいしい」 春野町内5カ所で提供(中日新聞)
市がジビエの地産地消を目的に初めて企画。今季に捕獲されたイノシシの肉七キロを使い、町内の給食センターが二百五十五食分を作った。学校給食週間にちなみ、この日は昭和の代表的な献立も取り入れ、麦ご飯、煮卵などが付いた。
2019.01.17 THU , , ,
「給食大臣選」私も一票 雄踏小で模擬選挙(中日新聞)
美食党の馬居問空(うまいもんくう)候補は「好きなメニューを調査し上位五種類のメニューを献立に採用する」と演説し、児童がどよめいた。続いて発育向上党の芭蘭栖良三(ばらんすよしぞう)候補は「栄養学を学んでもらいたい。栄養が大事だという意識が高まれば、減っていく」と訴えた。
2019.01.11 FRI , , , ,
最優秀献立、富士伝法小給食に 児童ら「和」の味楽しむ(静岡新聞)
鈴木さんの「スタミナ給食」は、茶葉風味のフライドチキンと小松菜のシラスあえ、サツマイモのみそ汁、ミカンゼリーの4品に白米のご飯を添えたメニュー。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友