給食トピックス

福島第一原発事故タグのトピックス一覧

2018.06.12 TUE , , , , , ,
授業再開後初の給食 食育プラザ稼働 飯舘(福島民報)
村教委は原発事故前、地元食材による地産地消給食に力を入れていた。今回再開した給食は村産品の流通量などを踏まえ、村外の食材を使用している。村教委は「保護者と協議した上で将来的に使用再開を検討したい」としている。
2018.03.13 TUE , , , ,
給食食材 測定など 笠間市が取りやめ 今月末で「空間線量が安定」(東京新聞)
理由について、市内の空間線量が、国が除染目標に設定する毎時〇・二三マイクロシーベルトを大きく下回る状態が続いているためだと説明している。簡易測定器もほとんど利用がない状況だという。
2017.12.24 SUN , , ,
学校保健統計 福島の子、肥満傾向顕著 外遊び控えた結果(毎日新聞)
肥満傾向が再び低年齢層で強まったことは、幼児期が原発事故直後だったため屋内で過ごすことが多かった子どもたちが、外遊びの楽しさを知らなかったり体を動かす習慣が身につかなかったりするままであることを示している可能性がある。
2017.04.20 THU , , , ,
福島の給食に地元食材復活 県「風評の払拭進みつつある」(東京新聞)
県産食材の活用を促すため、県は保護者向けの給食試食会の開催費などを学校に一部補助する事業を実施。一五年度に活用したのは延べ二百五十六校に上る。
2017.02.19 SUN , ,
県内学校給食モニタリング 全検体で下限値未満(福島民報)
検出下限値を超えた検体は24年度が14点、25年度6点、27年度2点。28年度は3月末までに放射性セシウムが検出されなければ、26年度に続き2度目のゼロとなる。
2016.08.06 SAT , , , , , , , ,
東電に2500万円賠償請求 稲敷地区6市町村 15年度分の人件費など(東京新聞)
請求は、いずれも学校給食に使う食材の放射性物質濃度測定、空間放射線量率のモニタリング調査などに伴う人件費。最高額は牛久市の約千四十万円。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友