給食トピックス

福島県タグのトピックス一覧

2018.12.13 THU , , ,
広野町、学校給食を「完全無償化」 21年度から独自の支援(福島民友)
町は、既に実施している英語、漢字、数学検定の受検料、部活動の遠征費の無償化などに加えて給食費も無償化することで広野小、広野中の特徴を出し、魅力ある教育環境整備に取り組む。
2018.12.10 MON , ,
給食甲子園 いわきペア準優勝(NHK福島NEWSWEB)
子どもたちが喜ぶ彩りと味のよさとともに、息の合った作業も高い評価を受け、福島からの参加では過去最高の準優勝に輝きました。
2018.12.07 FRI , ,
福島民報 あぶくま抄・論説:学校給食甲子園
 学校給食ばかりでなく、市は地元で生産される野菜や果物五つに動物のキャラクターを使って、売り込む。ネギはウサギの「ネギぴょん」、ナシは犬の「なしポチ」、トマトは猫の「トマにゃん」-。
2018.12.07 FRI , , , ,
「千葉氏給食」味わって 福島ゆかりのメニュー提供(千葉日報)
市教委は2016年度から毎年1回、千葉氏ゆかりの地域の料理を特別給食として提供。3回目となる今回は千葉氏中興の祖、千葉常胤が戦の功績によって全国各地に獲得した領地の一つ、福島県を取り上げた。
2018.12.06 THU , ,
いわきの地場産物活用、上位狙う 全国学校給食甲子園決勝(福島民友)
水口さんは「大会で力を発揮し、市民の皆さんにも給食に関心を持ってもらいたい」、稲村さんは「時間内に作り終えるようにしたい」とそれぞれ抱負を語った。
2018.12.05 WED , , ,
南相馬産米、地元学校給食に 7年8ヵ月ぶり全量検査経て再開(河北新報)
父母アンケートで県産米と市内産米を合わせ約8割が使用に賛同したため、市内産への切り替えを判断した。
2018.12.05 WED , , ,
南相馬 地元産米使い学校給食(NHK福島NEWSWEB)
平成22年は、主食用のコメが95.6%、飼料用のコメが4.3%でしたが、ことしは主食用のコメが27.2%で飼料用のコメが72.5%となっています。
2018.11.27 TUE , , , , ,
大熊町 児童と支援者が餅つき(NHK福島NEWSWEB)
この餅つきは、岩手県北上市の更木地区の人たちが事故の翌年に餅米を贈ったことをきっかけに始まり、毎年行われています。
2018.11.27 TUE , , , , ,
「鯉の三五八漬け」「こい団子」開発 郡山で試食と商談会
加工品を調理した焼き魚や豆乳鍋、田楽など6品が並んだ。スーパーや飲食店、学校給食関係などから約30人が参加し、ひとひねり加わったコイの新たな魅力を発見していた。
2018.11.20 TUE , , , ,
福島の給食にアオカビ混入 生徒ら38人体調不良(NHK福島NEWSWEB)
福島市教委は19日、混入していたのはアオカビで、つくだ煮を食べた小中学生と教職員計38人が体調不良を訴えていたと発表した。
2018.11.19 MON , , ,
野菜をたっぷりと 県などが企画した給食 本宮市(日テレNEWS24)
県と食品メーカーの味の素は、野菜の摂取量を増やすなど、子どもたちに必要な栄養を取ってもらおうという取り組みを進めている。
2018.10.30 TUE , , , , ,
地元のサトイモ在来種「相馬土垂」採れたよ!! 大野小児童(福島民報)
小学校九校、中学校四校の十三校で十一月一日の給食から順次、提供を始める。各校が「きりたんぽ汁」「里芋ご飯」「山形風芋煮」「みそけんちんうどん」などのメニューの具材に使う。
2018.10.30 TUE , , , ,
「相馬土垂」復活!伝統野菜が給食に 菊地さん栽培のサトイモ(福島民友)
市教委は本年度から進める小、中学校の給食費無料化に伴い地元の農産物の活用策を進める中で、相馬土垂の存在を知り、採用を決めた。
2018.10.26 FRI , , , ,
喜多方市:学校給食費負担軽減事業について
 安心して子どもを産み・育てることができるまちづくりを推進するため、子育て世代における経済的負担の軽減を目的とし、小・中学校における学校給食費に要する経費に対し補助金を交付します。
2018.10.24 WED , , ,
勿来共同調理場(いわき)が初出場 全国学校給食甲子園決勝(福島民報)
水口さんは以前の勤務先である鮫川村学校給食センター時代と合わせて、五度目の決勝大会進出で、「大会出場を通し、いわきの学校給食の質を高めていきたい」と話している。 
2018.10.18 THU , , , , , ,
「相馬土垂」給食に サトイモ在来種 (福島民報)
市場に出回るほどの量はまだ収穫できていないが、市内の小学校九校、中学校四校の十三校分で提供する分を確保する。
2018.10.16 TUE , , ,
給食のふりかけに異物、体調不良の児童ら続々(読売新聞)
福島市の北部学校給食センターが提供したふりかけに異物が混入していた問題で、新たに小中学生4人が体調不良を訴えたことが14日、わかった。
2018.10.14 SUN , , , ,
給食のつくだ煮にカビのような異物 生徒13人がじんましん発症や体調不良(河北新報)
中学校1校の生徒13人がじんましん発症や体調不良などを訴えているという。
2018.10.13 SAT , , ,
学校給食の佃煮に「異物」 福島・小中11校、カビのようなもの(福島民友)
午後0時25~30分ごろ、2校から同センターに異物混入の報告があった。同センターは同0時50分ごろ、配食先の学校に佃煮を食べないよう連絡したが、すでに給食の時間が終わるころだった。
2018.10.05 FRI , ,
福島・富岡校、手探りの半年 小中集約し再開、授業工夫(東京新聞)
そんな中でも、給食は校内がにぎやかになるひととき。教職員含めて全員が一階ホールに集まり、隣接する楢葉町の学校から届く温かい給食を協力して配膳する。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友