給食トピックス

復興支援タグのトピックス一覧

2017.10.13 FRI , , , , ,
学校給食で被災地応援 東北のサンマでかば焼き丼(東日新聞)
素材は宮城県気仙沼市の水産加工会社「阿部長商店」が被災から再開した工場で加工したサンマの開き。小麦粉を付けて揚げ、甘辛いたれで仕上げた「さんまのかば焼き丼」だ。
2017.09.25 MON , , , ,
佐久の小中学校で大船渡の「サンマ給食」(SBC信越放送)
当初は生のサンマを提供する予定でしたが、不漁のため必要な数を確保できず、急きょ冷凍のサンマで対応しました。
2017.09.25 MON , , , , ,
復興支援 大船渡サンマが給食に 佐久市(NHK信州NEWSWEB)
「子どもたちには震災を忘れずに、震災から立ち直っていく大船渡の生きる力を感じてもらいたいです」
2017.03.10 FRI , , , , ,
食べて復興支援 相模原の28中学、給食に東北の食材(東京新聞)
岩手県大船渡市で水揚げされたサンマのかば焼きや、同県産の地鶏のいり鶏、青森県産リンゴのハニーアップルなどが提供された。
2017.03.09 THU , , , , , ,
南三陸町支援 お礼で届いたわかめ給食に 山形 庄内町(NHK NEWS WEB)
余目中学校では、校内放送で、わかめは庄内町の中学生が南三陸町を訪れ漁業者と一緒に種付けしたものだと生徒が紹介し、「震災を思い出し、漁師さんに感謝の気持ちを持っていただきましょう」と呼びかけました。
2017.03.08 WED , , , , ,
たつのでも復興応援給食 東北産の味「完食」(神戸新聞)
子どもたちは野菜やきのこがたっぷり入った東北の郷土料理を味わい、継続的な支援を約束した。
2017.03.08 WED , , , , , , ,
学校給食で復興支援 豊岡市と香美、新温泉両町、南三陸のサケ調理(産経新聞)
同町学校給食センターは「町単独では仕入れる量が少ない。今後の支援は関係市町と協議して取り組みたい」と話した。
2017.02.17 FRI , , , , ,
陸前高田のワカメ食べて 高岡市成美小の給食に(北國新聞)
子どもたちは再出発を果たした被災者からの贈り物を喜ぶとともに、さらなる復興を願い味わった。
2017.02.17 FRI , , , , ,
新鮮ワカメ復興味わい 交流ある陸前高田の漁師提供(中日新聞)
交流のきっかけは、同校の教員が被災した陸前高田市へがれき撤去のボランティアに参加したこと。
2017.01.24 TUE , , , , , ,
ヤンキースの田中投手 被災小学校で子どもと交流 仙台
このあと、田中投手は3年生の教室で子どもたちと一緒に給食を食べました。子どもたちからは「好きな食べ物」を尋ねられ、田中投手は笑顔で「オムライス」と答えていました。
2017.01.24 TUE , , , , ,
マー君、仙台の小学校を訪問「震災の経験を下の世代に伝えて」(産経スポーツ)
震災を風化させないため「何かをやることで役に立つというか、きっかけになれば」と発案。賛同したプロ野球楽天の則本昂大投手や松井裕樹投手らとともに子どもたちとキャッチボールを行い、給食を一緒に食べた。
2016.12.10 SAT , , , , ,
復興支援米 地域に広めたい 横浜・飯島小5年が試食会(東京新聞)
この日、児童は五班に分かれ「稲の丈が短く風に強い」「もっちりして冷めてもおいしい」などと、画用紙のイラストを使いながら訪問者に同米の特長を説明。
2016.11.08 TUE , , , ,
大船渡2小にサツマイモ 金沢・木曳野小、10日に郵送 (北國新聞)
被災地支援のために始めた取り組みで、今年で6年目を迎えた。7日は木曳野小児童会の5、6年生約100人が同校でサツマイモを箱詰めした。
2016.09.30 FRI , , , ,
“瀬谷丸産”給食に 横浜の小学生、被災地に思い(神奈川新聞)
体育館に集まった全校児童は、瀬谷丸建造までの経緯や被災地の現状などを学習。教室に戻り、給食のサケフライにかじり付いた。6年生の男子生徒(11)は「味に心がこもっている。被災した人が今より快適な暮らしができるようになってほしい」と笑顔で話していた。
2016.09.29 THU , , , , , ,
熊本の復興応援を 給食に馬肉登場 犬山市(CBC中部日本放送)
市内の4つの中学校では、今月から、月1回、全国各地の味を紹介する「郷土料理給食」が始まり、その第1弾として選ばれたのが熊本です。熊本をよく知り、復興を願うのが狙いです。
2016.09.20 TUE , , , , ,
本格うな重児童を笑顔に 東京の専門店、川内小訪れ振る舞う(福島民報)
酒井さんは午前9時から家庭科室にこもり、保護者らの手伝いを受けながら児童と教職員ら合わせて約80人分のうな重を調理した。
2016.08.04 THU , , , , ,
復興サイダーで給食費支援 収益一部、益城町に寄付(読売新聞)
給食費は1食250円前後だったが、弁当は約500円。町は「児童・生徒の保護者の多くが被災しており、負担を強いるわけにはいかない」と、差額分は町の補助金やNPO法人の支援金で補っている。
2016.06.04 SAT , , , ,
被災地給食に愛南から無償で魚 福島から感謝状(愛媛新聞)
「川俣町は内陸部で子どもらは魚に触れる機会が少ない。ぎょしょく授業や給食は貴重な体験で、ありがたい」
2016.06.03 FRI , , , , , ,
うな重給食 被災地支援 東京の店主、今年も提供(河北新報)
酒井さんのうな重支援は2011年10月に始まり、宮城、岩手両県で計9回を重ねた。費用は来店客の寄付で賄っており、次回は9月に福島県川内村を訪れる計画という。
2016.05.25 WED , , , , ,
熊本のJAに激励文 福島の杉妻小 給食ミカンのお礼 「地震に負けないで」 (福島民報)
JA熊本宇城は東日本大震災後、復興支援として毎年、福島市教委に約2500キロの「うきみかん」を届けており、学校給食で市内の児童に提供されている。

その他

  • ④カゴメ株式会社

企業広告

  • 株式会社 藤江
  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく
  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友