給食トピックス

少子化タグのトピックス一覧

2018.09.03 MON , , , ,
見えぬ効果、模索続く 自治体の人口減と少子化対策(中日新聞)
町は縁結びイベントをはじめ、さまざまな移住定住支援をしている。中学生までの医療費と保育園児の給食費の無料化、新規就農者の研修期間中の収入保証。
2018.07.17 TUE , , ,
茨城の公立小、小規模で存続図る…「特認校」も(読売新聞)
授業は異なる学年の児童が一緒に学ぶ複式学級。給食は全員で食べる。冨山明子校長は「児童が少ない分、機動力があり、校外・体験学習にも積極的に取り組むことができる」と語る。
2018.06.13 WED , , , ,
調理能力、千食に縮小 給食センター工事で山田町(岩手日報)
児童生徒数の減少から、調理能力を2010年度に定めた計画の1500食から千食に修正した。
2018.06.11 MON , , , ,
幻の第3次ベビーブーム 就職氷河期「タイミング最悪」(朝日新聞)
1~18歳の子どもには毎年10万円、小学校入学時と中学校卒業時にはさらに10万円を給付。給食費は無料で、中学生を豪ケアンズのホームステイに派遣する費用、1人当たり50万円弱も全額、村が負担する。
2017.05.28 SUN , , , , , ,
活用広がる学校空き教室 地域と子どもの接点に 三田市(神戸新聞)
廊下も取り込んで改装し、一般の教室より1・5倍ほど広いため、16年度はランチルームに毎回20~30人の住民を招き、学年ごとに30人前後の児童全員と一緒に食べることができた。
2017.04.11 TUE , , , ,
日高川町で親子方式の学校給食始まる(日高新報)
親子方式に向けて導入された保温に優れた食缶に入った親子丼と豚汁が積み込まれていき、11時過ぎに2小へ向けて出発した。
2017.03.16 THU , , , ,
生徒と家族、名残の給食 本年度閉校の馬瀬中(岐阜新聞)
真紀子さんは「母親になってこんな機会があるとは思っていなかった。息子と一緒に食べた給食はおいしかった」と思い出の学校での給食に感慨深げだった。
2016.09.20 TUE , , , ,
児童生徒減少に対応、黒磯調理場を統廃合へ 那須塩原市学校給食(下野新聞)
設計中の新施設が開設する2018年夏には、黒磯調理場の給食数を6割減らすほか、30年ごろには統廃合する方針。統廃合をにらみ、新施設は最大5千人分の給食を提供できるように設計する考えだ。
2016.02.27 SAT , , , ,
長浜市、小学校給食を9月から無料に 少子化対策(産経新聞)
同市によると、県内初の取り組みという。3月3日開会の3月議会に提案する。 対象児童は約6860人。家庭にとっては、給食費の年間負担額約4万4000円が無料になる。
2015.10.26 MON , ,
旧東中野小 解体前の校舎に「ありがとう」 お絵描きで別れ惜しむ(東京新聞)
「給食がおいしかった。一番お世話になった場所」と懐かしそうに給食室をのぞいていた。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友