給食トピックス

富山県タグのトピックス一覧

2018.12.13 THU , , , , , ,
給食に上市高ニンジン 白萩西部小で交流 上市町(北國新聞)
児童は「給食に毎日、ニンジンが使われているのがすごいと思った」「栄養がたくさん食べられ、うれしい」などと語った。
2018.12.02 SUN , , , ,
南砺市:市内小中学校で「なんと世界遺産給食」を実施
一昨年11月30日に城端神明宮祭の曳山行事がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念した統一献立、なんと世界遺産給食「城端曳山」が提供されました。
2018.11.30 FRI , , ,
黒部産食材たっぷり給食 石田小 生産者らと会食(中日新聞)
メニューは黒部米と大豆にワカメも加えた「豆わかご飯」と、ナメコ、大根、里芋、ニンジン、ネギなど市内産野菜を豊富に使った「大地のめぐみ汁」、「名水ポークのアップルソース焼き」、市内産レンコン、キャベツのごまあえなど。
2018.11.20 TUE , , , , ,
子どもたちが地元食材に親しむ 富山市(NHK富山NEWSWEB)
使ったのは、県内産の「エンレイ大豆」で、子どもたちはまず豆乳作りに取りかかりました。
2018.11.20 TUE , ,
県西部6市の食材で給食 高岡・射水の小中学校(北日本新聞)
「給食を通じて県西部の地域に興味を持ちましょう」
2018.11.20 TUE , , ,
呉西の学校で地元食材の共通献立(NHK富山NEWSWEB)
共通の献立は、生産量が全国1位の小矢部市の「ハトムギ」を入れて炊いたご飯、高岡市と南砺市の里芋を使った「さといもバーグ」、砺波市の「大門素麺」と射水市の「蒸しかまぼこ」が入った汁ものなどあわせて5品
2018.11.16 FRI , ,
地場産品、給食で味わう 立山・7小学校と雄山中(北國新聞)
「学校給食たてやまの日」は15日、立山町内7小学校と雄山中で行われた。地場産食材メニューとして採用された「立山ポークのちゃんちゃんやき」や、古代米ご飯、ラ・フランスなどをふんだんに使った給食を児童生徒が味わった。
2018.11.14 WED , , ,
氷見で地元の食材使った給食(NHK富山NEWSWEB)
氷見市北大町の比美乃江小学校では、子どもたちが担当の栄養教諭から、どのメニューに氷見の食材が使われているか説明を受けながら、おいしそうにほおばっていました。
2018.11.07 WED , ,
県産食材3年連続減 17年度 学校給食 富山県(北日本新聞)
県内で生産されている主な食材の旬や年間の出荷量の一覧表を給食センターに配ったり、他の市町村から調達した場合の追加費用を助成する制度を設けたりしている。
2018.11.06 TUE , ,
呉西6市で豪勢な給食 地元食材で19~26日共通献立(中日新聞)
献立名は「呉西」と特別感を表す「豪勢」をかけて名付けた。
2018.11.05 MON , , ,
富山県:平成30年度とやま地産地消県民会議の開催
「 新・ とやま地産地消推進戦略 (平成 27年3月策定) 」に基づき取り組んでいる “地産地消運動の推進による農林水産業の振興”を進めるため、「平成30年度とやま地産地消県民会議」を開催します。
2018.11.03 SAT , , , , ,
タラ汁うまい! 朝日中学校で給食会(北日本新聞)
町沿岸漁業連絡協議会が魚食文化の継承を目指して年1回企画している。同漁協女性部がタラ140匹をさばき、調理を担当した。
2018.11.02 FRI , , ,
2月22日「富富富」給食 戦略推進会議で発表(中日新聞)
より広く知ってもらうための取り組みとして、富富富の語呂合わせで来年二月二十二日前後に、県内の小中学校の給食で、富富富を食べてもらうことも発表。
2018.11.01 THU , , , ,
ベニズワイガニまるごと1杯!(FNN PRIME)
31日は6年生の児童49人がカニの身の取り方を教わったあと、おいしそうにほおばっていた。
2018.11.01 THU , , , ,
魚津市 小学校の給食に ベニズワイガニ 丸ごと一匹(チューリップテレビ)
ベニズワイガニは、30日、カニ籠漁で魚津港に水揚げされたもので、子どもたちは、夢中で足の殻をむいたり甲羅を外したりして身や『みそ』を取り出すのに苦戦しながらも地元の旬の味を楽しんでいました。
2018.11.01 THU , , , ,
魚津の小学校でベニズワイガニ給食始まる(朝日新聞)
「魚津の漁師が考え出して全国に広めたカニかご漁でとったカニです」
2018.11.01 THU , , , ,
ベニズワイ 旬な給食 魚津の4小で児童が舌鼓(中日新聞)
協議会によると、児童に出されたベニズワイガニは体重五〇〇グラム程度の中型サイズ。魚津港に水揚げされた直後に浜でゆで、鮮度を保った逸品という。
2018.11.01 THU , , , ,
ベニズワイガニに歓声 魚津の給食に登場 (北國新聞)
卸問屋7社でつくる魚津紅ズワイ蟹普及推進協議会と魚津のカニかご漁船全3隻の漁業者が郷土の味に親しんでもらおうと贈っており、6年目となる。
2018.11.01 THU , , , ,
カニ給食で1匹頬張る 魚津の児童(北日本新聞)
児童は地元のボランティアらに教わりながら殻や甲羅を取り外し、みずみずしい身やみそをおいしそうに味わっていた。
2018.10.30 TUE , , , ,
食べて応援 ねんりんピック給食 滑川市(北日本新聞)
マラソン後の提供食として定番の豚汁、断面が年輪をイメージさせるバウムクーヘン、郷土料理のますずしや昆布巻き、よごし、滑川産の「海洋深層水トマト」などを出した。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友