給食トピックス

宮崎県タグのトピックス一覧

2018.10.12 FRI , , , ,
特産オクラで食育 「天ぷらおいしい」 指宿・今和泉小(南日本新聞)
調理実習に地元の特産品を取り入れ、食育を通じて地産地消を目指す取り組みで、昨年始まった。市がオクラを、山川水産加工業協同組合はかつお節を提供。今年は3校で実施する。
2018.08.29 WED , , , ,
えびの市防災食育センター 完成 避難者用給食も提供(毎日新聞)
自家発電設備や食料備蓄倉庫、地下に防火水槽など防災拠点としての機能がある。
2018.08.26 SUN , , , ,
災害時に食料供給 えびの市に拠点施設完成(宮崎日日新聞)
通常は学校給食を調理するほか、調理現場を見学できる食育施設として機能。災害時や非常時には食料供給拠点として活用する。
2018.08.20 MON , , , , , , , ,
気仙沼と宮崎県の民間団体 食と産業交流強化 カツオ漁、震災支援で縁 連携し地域文化の伝承計画(河北新報)
カツオ漁を通じた両地域のつながりや東日本大震災からの復興状況などを説明。気仙沼市に水揚げされたメカジキを使ったコロッケを給食に提供した。
2018.07.19 THU , , ,
熱中症対策 外遊び禁止の学校も 宮崎市(NHK宮崎NEWSWEB)
給食の時間に、「正午の校庭の気温は40度を超えており、きょうは外遊びはできません」という校内放送が流され、子どもたちは45分ある昼休みの間、教室でトランプをするなどして過ごしました。
2018.07.07 SAT , , , ,
地元の名物歴史学ぶ 「チキン南蛮の日」(宮崎日日新聞)
7月8日の「チキン南蛮の日」をPRしようと、延岡市の市民団体「延岡発祥チキン南蛮党」(永野時彦党首)は6日、同市・島野浦小(中川芳彦校長、19人)で、チキン南蛮の歴史などを伝える授業を行った。
2018.05.31 THU , , ,
黒皮カボチャおいしい 給食会で生産者と交流 宮崎市(宮崎日日新聞)
同市生目地区を中心に生産している特産の黒皮カボチャを題材に、農業について学んだ。
2018.02.27 TUE , , ,
地元マグロ良さ学ぶ 日南・細田中交流給食会(宮崎日日新聞)
水揚げ日本一を誇るビンチョウマグロを使った地産地消給食が開かれた。漁協関係者や市職員などが招かれ、生徒と一緒に給食を味わった。
2017.11.03 FRI , , ,
「宮崎牛」に舌鼓 児童ら豪華な味満悦 都城・小中学校(毎日新聞)
牛肉は市が提供し、上質の都城産を使用。児童らはサイコロステーキを口いっぱいに頬張り、うれしそうに舌鼓を打った。
2017.10.20 FRI , , , , ,
給食に宮崎牛ステーキ 都城市、ふるさと納税寄付を活用(朝日新聞)
9月の「和牛五輪」で市内の生産者が最高賞に輝き、日本一を伝えるため市が寄付額の一部を使って企画した。
2017.09.29 FRI , , , , , ,
小中学校で新米給食、生産者と交流も…日南(読売新聞)
同市内の小中学校では地産地消を進めるため、毎年秋以降に地元素材を使った給食を提供している。今年は今月から順次、新米やミカンなどを月1回程度、献立に入れる。
2017.09.14 THU , , , , , ,
小中学校で麦飯カレー給食 宮崎(毎日新聞)
宮崎市高岡町出身で「ビタミンの父」として知られる東京慈恵会医科大の創始者で医師の高木兼寛の誕生日(9月15日)に合わせて11日、市内の小中学校で給食に麦飯カレーが出された。
2017.09.04 MON , , ,
宮崎日大寮85人食中毒 中高生ら全員快方へ(宮崎日日新聞)
13人の便から下痢原性大腸菌を検出し、同保健所は寮の厨房で調理された飲食物が原因の食中毒と断定。
2017.08.30 WED , , , ,
宮崎牛給食で提供へ、120万円計上…串間市補正予算案(読売新聞)
市内の生産者から「地元の牛を、子どもたちに味わってもらいたい」と要望があり、宮崎牛のPRにつなげようと事業化することにした。中学生を対象とした、宮崎牛に関する講演会も計画しているという。
2017.05.22 MON , , ,
食物アレルギーの子供増加 保育施設、対策に腐心(宮崎日日新聞)
保護者のアレルギーに対する認識に差があるほか、園児ごとに求められる原因食材の「除去食」対応をめぐり現場では混乱も生じている。
2017.05.22 MON , , ,
食物アレルギーの子供増加 保育施設、対策に腐心(宮崎日日新聞)
2017.05.17 WED , , , ,
小中学校の給食に「黒皮カボチャ」 地産地消学ぶ 宮崎市(朝日新聞)
宮崎市生目地区を中心に生産される黒皮カボチャはまろやかな甘みときめ細かな舌触りが特徴だという。
2017.03.29 WED , , , ,
教諭新規採用244人 県教委、熊本地震支援2人派遣 宮崎(宮崎日日新聞)
これまで講師で補充していた欠員を正職員で補充するなどして、教諭の新規採用数は過去23年で最も多い244人(同48人増)で、養護、栄養教諭などを含めた新規採用総数は294人(同57人増)となったほか、19年ぶりに学校事務・教育行政職員を採用した。
2017.02.18 SAT , , , ,
給食に手作りみそ提供30年 加工組合が解散(河北新報)
学校給食に採用された後は、「みそを造ってハワイに行こう」を合言葉に生産に励んできた。
2017.01.27 FRI , , , ,
新燃岳災害風化させず 噴火6年(読売新聞)
各学校では防災授業があり、子どもたちは身の守り方を学んだ。米や牛肉、シイタケなど町産食材を使った「復興給食」を食べた後、午後からは避難訓練に取り組んだ。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友