給食トピックス

宮古島市タグのトピックス一覧

2018.04.17 TUE , , , , ,
共同調理場が落雷被害 伊良部の小中学校 12日から給食ストップ 児童生徒弁当持参(宮古毎日新聞)
しかし、電気は復旧するも落雷の影響で汲み上げポンプの基盤が故障して、調理場に給水できないことが分かった。
2018.04.15 SUN , , ,
小、中で新学期スタート 牛乳の供給再開 学校給食(宮古)
市教育委員会と県畜産課、県学校給食会が調整を図り、新学期からは沖縄本島で牛乳を確保して提供することでまとまっていた。
2018.04.08 SUN , , , , ,
乳牛、全てを売却/島内から酪農消える(宮古毎日新聞)
「一部で島内産の生乳で商品開発を行い、大都市で宮古島産生乳を利用した商品であることをPRしながら販売して人気を博していたと聞いている。市としても地産地消や独自産業の観点から酪農再開を早期実現できるよう県などと協議していきたい」
2018.03.23 FRI , ,
バイオエタ事業化 今年度で実証事業終了 宮古島市(宮古島毎日新聞)
E3事業に代わって17年度からはバイオエタノールを学校給食調理場のボイラー燃料として活用する実証事業に着手していた。
2018.03.23 FRI , , , ,
給食は4月から生乳確保/市議会一般質問 宮古島市(宮古毎日新聞)
また、宮國博教育長も、学校給食への生乳確保について「県も県学校給食会も生乳の確保については、県内で不足すれば県外から確保をしてでも生乳で対応したいとの思いを持っているので、4月から生乳を供給していく」と述べた。
2018.02.23 FRI , , , , ,
週1回程度生乳供給へ 学校給食 宮古島市(宮古毎日新聞)
 宮國教育長は「一定間隔でLL牛乳を送るので活用してほしいとのことだった。不測の事態に対応するとともに、安定供給を目指した提案だったので市教委としても了承した」と述べた。
2018.02.09 FRI , ,
学校現場にも影響 加工乳問題 飲み残し大幅増 宮古島(宮古毎日新聞)
「正直、私は加工乳でもおいしいので問題ない。しかし、今週は2日連続で清涼飲料水になったことに驚いている。子供たちのことを考えても加工乳がないから簡単に清涼飲料水で良いということにはならないと思う」
2018.02.06 TUE , , ,
給食にメロンどうぞ 津嘉山荘(都毎日新聞)
今週中に給食献立の1品目として子供たちに提供される。
2018.02.01 THU , , , , ,
生乳生産継続で市議会与党が要請 宮古島市(宮古新報)
「報道や保護者も誤解があると思うが生乳と加工乳を比べた場合は子どもの成長に影響はないとはっきりとしている。 また、 加工乳は高くなるというが逆で (生乳より) 約1円ほど安い。 加工乳が高いから補助金が云々と言う話があるがそれは誤解なのでしっかりと解いてほしい」
2018.01.31 WED , , , , ,
生乳の出荷停止決定 酪農牧場が廃業に 給食は2月から加工乳(宮古島毎日新聞)
しかし、生乳供給ができなくなることで新年度以降は県学校給食会からの補助金もなくなることから、加工乳の値段が高くなる可能性もあるとしている。
2018.01.26 FRI , , , , ,
宮古島産生乳、出荷停止も 酪農法人が廃業意向(琉球新報)
同法人は乳用牛約100頭のほか、肉用牛も飼育している。法人代表の男性は「酪農を継続したい気持ちはあるが、どうすることもできない。可能ならば落札した会社が続けてほしい」と話した。
2018.01.26 FRI , , , ,
宮古地区の学校給食、加工乳へ 酪農家廃業で生乳の供給困難 2月から切り替え(沖縄タイムス)
一方、市内の乳業メーカーは現在、再び生乳を提供できるよう酪農事業の展開が可能かを模索している。経営者の男性は「乳牛の確保が鍵となるが、調達できるかは不透明。何とか酪農ができるようにしていきたい」と答えた。
2018.01.10 WED , , ,
島内産生乳の確保要請/「守る会」が教育長と市長に 宮古島市(宮古毎日新聞)
「安定供給に向けては市農水部と情報は共有するが、市教委としては業者に対し『子供たちの給食は皆さんが頼り』というような依頼しかできない」
2018.01.10 WED , , ,
今月から生乳確保できず 宮古島市(宮古毎日新聞)
市教育委員会によると、乳用牛が体調不良で生乳の確保が困難になり、しばらくは加工乳中心になるという。乳用牛の回復を待つことから、生乳の安定供給はめどが立っていない状況だ。
2017.11.19 SUN , , , ,
藤枝パープルカレー、給食から名物へ(朝日新聞)
市の花にも選ばれている「藤」の色にちなみ、1年がかりで「パープル」のカレーのほか、煎茶を衣に使った「ちくわの藤枝茶揚げ」など6種をつくった。
2017.09.01 FRI , ,
「2学期も牛乳供給」/学校給食問題で市教委 宮古島市(宮古毎日新聞)
「県学校給食会も学校給食センターからも2学期も予定通り牛乳が供給されると聞いているので安心している。競売問題についてはどのような動きになっているのか分からないので今後の動向を見守りたい」
2017.08.28 MON , , , ,
県、安定供給向け調整へ/学校給食牛乳問題 宮古島市(宮古毎日新聞)
さらに、最悪のケースも想定して「実際に生乳の確保が困難になった場合は本島内の民間業者で対応できるのか今問い合わせをしている段階。しかし、本島内の生乳も不足している状況なので難しい部分もある」と話した。
2017.08.24 THU , , , ,
牛乳提供に黄色信号/学校給食 宮古島市(宮古毎日新聞)
同牧場については、7月上旬に土地と建物が競売にかかり落札され、設備と乳牛だけでは事業継続が困難な状況となり、今後の事業運営の見通しが不透明な状況となっている。
2017.07.30 SUN , , ,
平良学校給食共同調理場 民間委託業務は適切履行(宮古新報)
「委託は初めてであり、 学校栄養職員や受託業者ともに当初は意思疎通に時間を要する場面もあったが、 経過とともに学校栄養職員から受託業者の業務責任者へ、 業務責任者から調理従事者へとスムーズに意思疎通を図りながら業務が適切に進められている」
2017.07.29 SAT , , , , ,
藤色「藤枝カレー」新名物に(読売新聞)
考案したのは、「藤枝市農業女性の会」。市から学校給食の新メニュー作成を求められた同会が、友好都市の沖縄県宮古島市の紫イモを使ってカレーを作った。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友