給食トピックス

学校給食における地場産物の活用タグのトピックス一覧

2019.09.15 SUN , ,
地産地消コーディネーター 地場産学給増に貢献 ノウハウ共有が鍵 農水省調査(日本農業新聞)
全国の地場産利用率は18年度時点で26%。国が定める20年度目標の30%以上との差は埋まっていない。
2019.08.27 TUE , , , ,
地産地消を教える学校で…給食のコロッケ産地偽装 山口県(テレビ朝日)
「給食における地産地消というのは非常に重要な食育の一環になっている。私どもも商品開発等を含め、その対応を少し急ぎすぎたのではないか」
2018.01.24 WED , ,
給食 高まる“地産地消” 県産品割合56.9% 学校・地域連携の成果 岡山(毎日新聞)
70%を超える倉敷市では、夏休みなどを使って次年度1年間の献立予定を作成。必要な食材の種類や量を卸業者へ事前に通知し、地元農家が計画的に生産できるようにすることで、なるべく市内産の食材を使えるようにしている。
2017.05.28 SUN , , , , ,
山口県:山口市内の学校栄養士を対象に産地見学会を開催します。
このたび、山口市南部地域の「たまねぎ」の生産地において、山口市内の学校栄養士等を対象に産地見学会を開催し、産地や野菜への理解を深め、今後の学校給食への県産農林水産物の活用を促進します。
2017.05.05 FRI , ,
青森の給食の県産食材利用率、過去最高66.5%(産経新聞)
果実は県産リンゴのジュースやゼリーの利用が増加した。一方、豆類は低価格の国産大豆の加工品が増えたことで3.2ポイント減の25.2%にとどまった。
2017.02.01 WED , , ,
青森県産食材利用率、最高の66.5%/15年度給食(東奥日報)
ニンジンやジャガイモなど地場産野菜の利用が伸びたほか、水産物の加工品が増えたことなどが要因。
2015.07.15 WED , , ,
学校給食、生鮮野菜4割、魚介類3割が函館産(函館新聞×e-HAKODATE)
11、12年度に市の予算で函館産のサケやコンブ、ブリを食材として提供し、昨年度からは一般食材と同様に給食費で購入している。
2015.06.11 THU , , , , ,
学校給食に県産食材を 拡大へ、ホウレンソウ冷凍加工(福島民友新聞)
「震災前は70~80種類の加工品を提供していたが、現在は10種類程度になっている。放射性物質への不安などが原因」と現状を明かす。
2015.06.11 THU , , , , ,
ホウレンソウ畑を視察 三春で県学校給食会の見学会(福島民報)
学校給食への県産食材の活用推進が目的。生産、加工、流通の各業者が連携し、県内で生産されたホウレンソウを冷凍保存し、安定的に提供する。

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友