給食トピックス

大槌町タグのトピックス一覧

2018.12.12 WED , ,
給食費、今後2年維持の方針 栄養量基準未達対応で大槌町(岩手日報)
「被災児童生徒就学援助事業の対象者が(児童生徒数の)50%を超えている状況を踏まえ再検討した」
2018.09.17 MON , , , , , ,
建造から5年「瀬谷丸」が結ぶ横浜との交流 【復興への羅針盤】/岩手・大槌町(IBC岩手放送)
震災で販路が失われた魚介類や水産加工品の新たな販路を確保するために、現在では区内の7つの小学校で大槌で採れた海産物が給食に提供されています。
2017.12.05 TUE , , , ,
サンマつみれ復興の味 岩手・大槌の業者が全国で準GPに(河北新報)
小豆嶋漁業は大型冷蔵庫を津波で失い、水産物の保管業から加工業に軸足を移した。サンマつみれは2012年に商品化。町内の学校給食に使われるなど地元でも評判は上々だった。
2017.11.20 MON , , , ,
「新巻きの祖」没後400年 サケのまち岩手・大槌に熱気 イベントや物販強化し全国にアピール(河北新報)
孫八郎は大消費地の江戸に目を付け、保存の効く新巻きザケを持ち船で大量輸送。「南部の鼻曲がり鮭」と珍重され、大成功した。
2017.11.16 THU , , , , , , ,
5年ぶりサケ給食を堪能 大槌町内の小中学校(岩手日報)
今年は新巻きザケ開発の祖とされる大槌孫八郎政貞の没後400年に当たり、町は給食会や演劇を通してサケの魅力を児童生徒に伝える。
2016.09.30 FRI , , , ,
“瀬谷丸産”給食に 横浜の小学生、被災地に思い(神奈川新聞)
体育館に集まった全校児童は、瀬谷丸建造までの経緯や被災地の現状などを学習。教室に戻り、給食のサケフライにかじり付いた。6年生の男子生徒(11)は「味に心がこもっている。被災した人が今より快適な暮らしができるようになってほしい」と笑顔で話していた。
2016.09.14 WED , , , , ,
横浜市:岩手県大槌町に贈った漁船「瀬谷丸」で獲れた魚を二つ橋小学校の給食に取り入れます!
全校集会では、実行委員長の露木 晴雄さん、東北支援活動を行っている八重樫 東さん(岩手県出身、IBF世界ライトフライ級チャンピオン)、May J.さん(横浜市在住、歌手)にメッセージや歌を披露していただきます。
2016.07.17 SUN , , , , ,
横浜から岩手・大槌町へ寄贈した漁船「瀬谷丸」の新鮮な魚が給食に(産経新聞)
「学校給食のメニューになり、活動が継続することで、『瀬谷丸』を寄贈した思いを次の世代につなげていってもらえたら」
2016.06.09 THU , , , , , , ,
「奇跡の復興米」実れ 大阪で小学生ら田植え(産経新聞)
収穫したコメの一部は昨年同様、大槌町で学校給食に使ってもらうほか、今年4月に震度7の地震に見舞われた熊本県にも贈る。
2015.11.17 TUE , , , , ,
大槌復興米で笑顔の給食 大阪で栽培後「里帰り」(岩手日報)
大阪府での栽培は2年目。今年は小学生約千人が食育の一環でバケツで育てたほか、13カ所の田んぼで栽培し計約3500キロ収穫した。
2015.06.30 TUE , , , ,
津波流失物 大槌に帰還(読売新聞)
店は町民から「栄七屋さん」と呼ばれ、豆腐は給食や病院食にも使われて親しまれていた。
2015.01.30 FRI , , , ,
花巻農高生の「さんまーぐ」給食に 大槌の小中で提供(岩手日報)
メンバーが世代交代も経て試行錯誤を重ね、3年がかりで完成させた。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友