給食トピックス

和食給食タグのトピックス一覧

2018.11.24 SAT , ,
和食セミナーで成果 米飯給食増える 全中(日本農業新聞)
一方、全中がセミナーの実施前と3カ月後で米飯給食の回数を調査したところ、24地域の平均で同0・24回増えた。
2018.11.05 MON , , , ,
学給にもっと和食を 若手料理人と全中サミット(日本農業新聞)
学校給食に和食をもっと取り入れよう――と、若手和食料理人らでつくる「和食給食応援団」とJA全中は4日、「2018和食給食サミット」を京都千代田区で開いた。
2018.02.28 WED , , , , , ,
和食の魅力を児童に 飯島小で食育授業(長野日報)
この日は、2クラスごと授業に参加した。同社社員を講師としたみその授業では、それぞれ産地が異なる5種類のみそを机に並べ、児童たちが匂いや色から原料、熟成期間の違いを当てた。
2018.01.10 WED , , , , ,
給食に和食増やそう 栄養教諭ら、料理人からこつ学ぶ(秋田魁新報)
「だしがしっかり取れていれば、味付けは調味料で手助けする程度。素材の味が生き、食材による味の違いが楽しめるようになる」
2018.01.08 MON , , , ,
学校給食の役割を考える大会(NHK山梨NEWSWEB)
江原名誉教授は、「パンを出す頻度が多いケースや献立に汁物がないなど地域や学校により給食に格差がある」と指摘したうえで、「和食は一汁二菜か一汁三菜を基本とし栄養やバランスが優れている。給食を通じ日本の食文化を継承していくことも大切だと思う」と訴えていました。
2017.11.27 MON , , , ,
小学生が“だし”の大切さ学ぶ (サガテレビ)
4日の給食では、にぼしだしの味噌汁にかつおぶしと干しシイタケのだしを使ったおからの炒り煮、さんまのかば焼きなどが出されていました。
2017.11.27 MON , , , ,
地元産食材で和食の給食 牛久(朝日新聞)
この日は長沼さんが提供したヤーコンの金平も食卓に乗り、子どもたちとの話が弾んだ。「ダシがしみていておいしい。すごくいい献立ですね」と笑顔を見せていた。
2017.11.27 MON , , , ,
おいしいね日本の味 一関市、小中学校に和食給食(岩手日報)
サンマの利休焼き▽小松菜ときのこの土佐酢あえ▽カボチャのすり流し薄くず仕立て▽牛乳-のメニューを味わった。
2017.11.27 MON , , , ,
和食の日 地元食材で給食 牛久(毎日新聞)
和食給食は、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたのを記念して2015年から始まり、今年で3回目。19施設で計約7060人に提供した。
2017.11.22 WED , , , , ,
福井県:11月24日 和食の日を中心に 「地場産100%和食給食」を県内全小中学校で実施します
当日は、「だし」の材料となる昆布を運搬した北前船の寄港地南越前町の今庄小学校において、一般社団法人和食文化国民会議理事であり、奥井海生堂代表取締役社長の奥井隆氏を講師に招き、「だし」と昆布を通じた和食文化に関する特別授業を実施します。
2017.11.21 TUE , , , ,
和食メニュー給食を堪能 滑川(北日本新聞)
和食の日(11月24日)を前に、滑川市の小中学校と幼稚園で21日、地元食材を使った和食メニューの給食が振る舞われ、児童生徒ら約3200人が素材の味を生かした和食の良さを堪能した。
2017.11.07 TUE , , , ,
関市:11月24日は「和食の日」
関市学校給食センターでも、和食文化に興味をもっていただくきっかけになればと、この日は和食中心の献立とし児童生徒・保護者向けの「和食の日」の資料を配布します。
2017.10.24 TUE , , ,
和食給食サミット開催!参加者募集のご案内
2017.10.15 SUN , , , , ,
静岡県:栄養教諭等食育担当者第2回研修会の開催
栄養教諭等小中学校の食育担当者向けに、 (一社)和食給食応援団による「お茶と和食の研修会」を開催します。
2017.10.06 FRI , , , , , ,
しば漬けが小学校給食に 京都、漬物文化の広がり期待(京都新聞)
今回は児童に漬物文化に親しんでもらおうと、府漬物協同組合と連携して京都産のナスとシソで漬け込んだ無添加のしば漬けを用意した。
2017.10.02 MON , , , , ,
5千校参加に再挑戦 “だしで味わう和食の日” 和食会議(食品新聞社)
11月24日の和食の日に和食給食で本物のだしの旨みを実感し、和食とは何かを考えるきっかけにしてもらう。
2017.08.27 SUN , , , ,
給食で「和食の魅力」を JA全中がセミナー 栄養士向けに(佐賀新聞)
セミナーは、和食給食を推進し、コメの消費拡大にもつなげようと、全国農業協同組合中央会(JA全中)が多久市学校給食センターなどと協力して開いた。
2017.07.09 SUN , , , , , ,
川崎で学校栄養士が調理実習会 市内中学校完全給食化に向け意見交換(川崎経済新聞)
中学生に必要な摂取カロリーを考え、給食にはカロリーの多いお米を食べる回数を多くする事を推奨し、お米に合う献立や、お米を食べるメリットなどの意見が出た。
2017.07.03 MON , , ,
農林水産省:平成29年度地域の魅力再発見食育推進事業の要望調査
平成29年度地域の魅力再発見食育推進事業の要望調査を実施しています!
2017.05.27 SAT , , , , ,
千葉県:平成29年度ちばを食べよう!ちばの食育月間について
6月の販売促進月間と連動し、県内各地で食に関するイベントや講演会など様々な294の取組を展開します。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友