給食トピックス

和食給食応援団タグのトピックス一覧

2018.12.27 THU , , , , ,
給食関係者 食育への理解深めて 佐賀(NHK佐賀NEWSWEB)
「佐賀県学校給食大会」と銘打った催しは、給食を通して子どもに米や和食に親しみを持ってもらおうと、佐賀県学校給食会などが開き、栄養教諭や調理師、幼稚園の教諭などおよそ300人が参加しました。
2018.11.24 SAT , ,
和食セミナーで成果 米飯給食増える 全中(日本農業新聞)
一方、全中がセミナーの実施前と3カ月後で米飯給食の回数を調査したところ、24地域の平均で同0・24回増えた。
2018.11.19 MON , , , ,
「給食に和食を」調理実演会 熊本(日テレNEWS24)
JA全国中央会による県内の学校栄養士を対象にした調理実演会が熊本市であった。熊本市にある「日本料理とみた」の冨田浩さんが県内産の食材を使った「和風タイピーエン」などを作った。
2018.11.05 MON , , , ,
学給にもっと和食を 若手料理人と全中サミット(日本農業新聞)
学校給食に和食をもっと取り入れよう――と、若手和食料理人らでつくる「和食給食応援団」とJA全中は4日、「2018和食給食サミット」を京都千代田区で開いた。
2018.08.01 WED , , , , , , ,
和食のイロハ伝授 調理講習会に栄養教諭ら48人参加 (山口新聞)
だしは前日から作ることや、小さい食材を手前に盛り付けるなど調理時のこつも教えた。
2018.02.28 WED , , , , , ,
和食の魅力を児童に 飯島小で食育授業(長野日報)
この日は、2クラスごと授業に参加した。同社社員を講師としたみその授業では、それぞれ産地が異なる5種類のみそを机に並べ、児童たちが匂いや色から原料、熟成期間の違いを当てた。
2018.01.10 WED , , , , ,
給食に和食増やそう 栄養教諭ら、料理人からこつ学ぶ(秋田魁新報)
「だしがしっかり取れていれば、味付けは調味料で手助けする程度。素材の味が生き、食材による味の違いが楽しめるようになる」
2017.10.24 TUE , , ,
和食給食サミット開催!参加者募集のご案内
2017.10.21 SAT , , , , , ,
給食に和の文化を 静岡市で栄養教諭らセミナー(静岡県)
「必要な調理工程を確実に入れてもらうためには、調理員との関係構築を」
2017.10.15 SUN , , , , ,
静岡県:栄養教諭等食育担当者第2回研修会の開催
栄養教諭等小中学校の食育担当者向けに、 (一社)和食給食応援団による「お茶と和食の研修会」を開催します。
2017.08.27 SUN , , , ,
給食で「和食の魅力」を JA全中がセミナー 栄養士向けに(佐賀新聞)
セミナーは、和食給食を推進し、コメの消費拡大にもつなげようと、全国農業協同組合中央会(JA全中)が多久市学校給食センターなどと協力して開いた。
2017.07.09 SUN , , , ,
給食は一つ星和食 ミシュラン料理人が栄養士指南 川崎(神奈川新聞)
全国農業協同組合中央会(JA全中)が学校給食での米飯推進に向け、和食料理人や食品メーカーでつくる「和食給食応援団」と連携して取り組んでいる活動の一環。
2017.07.09 SUN , , , , , ,
川崎で学校栄養士が調理実習会 市内中学校完全給食化に向け意見交換(川崎経済新聞)
中学生に必要な摂取カロリーを考え、給食にはカロリーの多いお米を食べる回数を多くする事を推奨し、お米に合う献立や、お米を食べるメリットなどの意見が出た。
2017.02.05 SUN , , , , ,
「ごはん給食」の推進へ JA全中など調理実習会 栃木(産経新聞)
ごはん給食を推進しようと、JA全中などは4日、地元の和食料理人らを招き、学校給食栄養士向けの調理実習会を開催した。参加した約40人の栄養士は料理人の実演に目をこらし、説明に熱心に耳を傾けていた。
2017.02.01 WED , , , ,
卒業生の料理人が考えた献立給食 千葉市の新宿小(朝日新聞)
和食文化の継承に意欲的な料理人と大手食品メーカー約75社が、2014年に設立した「和食給食応援団」の活動の一環で、1月16日に授業があった。全国の小中学校に料理人が赴き、給食献立の開発などをして、和食を子どもたちに伝えている。
2017.01.30 MON , , , ,
学校給食に和食を 県産の野菜使用し調理実習会(伊那市)
萩原さんは、自然哲学の五行説と食文化の関係などを話しながら、調理の要点を説いた。参加者は班に分かれ、だし汁作りも含め調理を体験した。
2017.01.17 TUE , , , , ,
一流店の味 給食で体験 プロが伝える和食の魅力 千葉(読売新聞)
5年生約220人が参加し、砂糖の原料・サトウキビをかじったり、4種類の砂糖を食べ比べたりしながら、「料理が乾燥しにくく、しっとりと軟らかく仕上がる」「料理につやや照りを出せる」といった砂糖の特徴を学んだ。
2017.01.04 WED , , , ,
広がる「和」の給食=料理人と栄養教諭が連携(時事通信)
一緒に食べた小泉氏は「食に対する関心を通じ、日本の農業や漁業、林業に関心を持ってもらえたら」と期待を示した。
2016.11.09 WED , , , ,
和食の給食「おいしい」 牧之原、料理人の「だし」に驚き(静岡新聞)
食育の授業で辻村さんは、だし入りとだしなしの2種類のみそ汁を味見させ、和食に不可欠なだしの特徴を説明。だしの引き方も実際に指導し、料理のこつとして「食べてくれる人のことを思って作ると間違いなくおいしくなる」と伝授した。
2016.11.01 TUE , , ,
学校給食にもっと和食を 和食給食応援団 キックオッフ(教育家庭新聞)
「卒業の祝いの席にふさわしい給食」「お正月に食べたい給食」をテーマに、調理時の工夫やポイントなどの説明を交えながら実演。和食献立を汁物・副菜・主菜別に1品ずつ披露した。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友