給食トピックス

和歌山県タグのトピックス一覧

2018.04.16 MON , , ,
御坊市:御坊市学校給食副食調理等業務委託事業者の募集について
御坊市では、市立小学校、中学校、幼稚園及び御坊市日高川町中学校組合立大成中学校において、学校給食法に基づき実施している学校給食副食調理等業務について、契約期間満了に伴い、新たに委託事業者の募集を行います。
2018.04.10 TUE , , ,
上富田町で学校給食開始 高学年から段階的に(紀伊民報)
2017年度に上富田スポーツセンター近くの高台に完成。町内の学校では生馬小だけが自校式の学校給食だったが、これからは全5小学校、1中学校すべてが給食センターから配食される。1食当たりの給食費は小学生270円、中学生300円。
2018.02.28 WED , , ,
給食に登場!近大のにおわないブリ(関西テレビ)
近畿大学が開発した「におわないブリ」です。
2018.02.16 FRI , , , , , ,
養殖ブリを給食に 新宮市教委が試験的に提供(産経新聞)
同社は近畿大の技術で育てた魚の臭みを抑えた養殖ブリを開発、「におわないブリ」として国内外で販売している。昨年12月に市教委に給食での使用を申し出た。
, 2018.01.25 THU , , , , ,
和歌山県が営業停止取り消し 集団食中毒で業者と和解(紀伊民報)
県によると、同社との話し合いで、同社は処分の目的を理解し、適法で妥当だったと認め、県に対し賠償や補償を求めないことにしたため、県は処分を取り消し、19日に控訴を取り下げた。
2018.01.25 THU , , , ,
御坊市給食食中毒の営業停止処分めぐる訴訟、県と業者が和解(和歌山放送)
「業者が損害を被る状況が続いていることは、本意ではなく本当にお気の毒に思っていました。今後も引き続き、食中毒が発生したときに速やかに適切な処分ができると判断し、業者の置かれている状況を解消するために処分を取り消すことにした」
, 2018.01.24 WED , , , , , ,
和歌山の集団食中毒、業者と県が和解 営業停止巡る訴訟(産経新聞)
同社が県の処分について、被害拡大を防ぐための妥当な措置だったと認めて損害賠償などを求めない一方、県は処分を取り消し、同社の請求を認めた1審和歌山地裁判決に対する控訴を今月19日に取り下げた。
, 2018.01.24 WED , , , ,
集団食中毒 無関係の調理委託業者が和解 和歌山県と(毎日新聞)
シダックス大新東ヒューマンサービスが県に損害賠償や補償を求めない代わりに、県が処分を取り消し、大阪高裁への控訴も取り下げた。和解は今月16日付。
2018.01.23 TUE , , , ,
学校給食の地産地消推進へ支援 和歌山県(NHK和歌山NEWSWEB)
「安定的に供給できる体制ができれば、子どもたちにおいしくて安全な給食を提供できるし、生産者の収入にもつながる。 みんなが得をするシステムを作り上げたい」
2018.01.18 THU , , , ,
シカ肉の竜田揚げ味わう 古座川町で親子ジビエ給食(紀伊民報)
県農林水産部と県教育委員会が、本年度から5カ年で取り組んでいる「学校給食での和歌山産品利用拡大戦略アクションプログラム」の一つ。
2017.12.30 SAT , , , ,
官公庁で一斉に仕事納め 御坊市(日高新報)
「ことしは正月早々とんでもないニュースが入ってきた」
2017.12.19 TUE , , , ,
和歌山・御坊の集団食中毒、のり業者が補償開始 給食食べた子供ら800人に症状(産経新聞)
給食センターの調理を委託されていた「シダックス大新東ヒューマンサービス」(東京)が補償申請を受け付けていたが11月、東海屋が引き継ぐことで合意した。
, 2017.12.19 TUE , , , , ,
給食食中毒 ノリ業者、責任認め補償開始 御坊市(毎日新聞)
和歌山県は原因食材を特定していないが、東京都立川市の小学校で起きた集団食中毒の原因が同じ製品と断定されており、自主的に賠償責任を負うことにした。
2017.12.12 TUE , , ,
学校給食センターほぼ完成 上富田町、来春稼働へ(紀伊民報)
食物アレルギーについては、献立を見て子ども側に欠食するなどの対応を求めるという。
2017.12.10 SUN , , ,
ジビエに親しんで 小中学校で給食、出前授業(紀伊民報)
猟期に入った11月から開始し、来年2月まで、希望した学校に県内のジビエ加工場で処理加工したイノシシのソーセージ、イノシシ肉、シカ肉のいずれかを提供。
2017.11.27 MON , , , , ,
小中学校に梅干しとミカン贈る JA紀南 田辺市(紀伊民報)
「和歌山は梅やミカンの生産量が日本一。古里を離れても誇りに思ってほしい。栄養もあるので、しっかり食べてください」
2017.11.10 FRI , , , , , , ,
秋の味覚に笑顔広がる 友好親善 給食交流続く(紀南新聞)
ミカンとリンゴの産地同士で交流を深めようと、平成5年に御浜町と旧梓川村(現・松本市梓川区)の間で友好親善提携を締結。
2017.11.04 SAT , ,
八幡台小 バイキング給食に舌鼓 (和歌山市)
10年以上前から続く6年生の恒例行事で、1〜4年生が遠足でいない日に設定。
2017.11.03 FRI , , ,
食卓にもっと魚を あの手この手 和歌山(朝日新聞)
漁師の高齢化や後継者不足などの課題も。魚の手づかみ体験、婚活パーティー、学校給食、食のイベント――。漁師も学校も地域も、あの手この手で市民の魚との接点を増やそうと奮闘している。
, 2017.10.29 SUN , , , ,
営業停止処分「取消」 御坊食中毒で判決(わかやま新報)
判決で和歌山地裁の中山誠一裁判長は原告側の主張を認め、県が提示した営業停止命令書に事実関係や処分理由の具体的な記載がないことを指摘し、手続き自体を違法とした。

企業広告

  • 株式会社 藤江
  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく
  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友