給食トピックス

収穫タグのトピックス一覧

2018.09.16 SUN , , , ,
児童がトウモロコシ収穫 粒の観察や実食も 音更小(十勝毎日新聞)
トウモロコシ(ホワイトショコラ)は、同小の「食農教育総合プログラム」の一環。液肥(消化液)を使い育てた。
2018.08.29 WED , , , , ,
中泊町 給食用のジャガイモ収穫(NHK青森NEWSWEB)
ここで栽培しているジャガイモは「グラウンドペチカ」という、皮が濃い紫色をした品種です。
2018.07.04 WED , , , , ,
伝統の紅花収穫 宮城・村田二小の生徒、生産者の苦労知る(河北新報)
「茎が硬くて切りにくかったし、花がちくちくして運びづらかった。生産者の大変さが分かった」
2018.05.30 WED , , , ,
五島 小学生たちが梅の実の収穫(NHK長崎NEWSWEB)
収穫した梅の実は、ジュースや梅干しにして給食に出されるほか、一部は、地域の人たちに販売され、集まったお金で学校の花壇の肥料などを購入するということです。
2018.02.06 TUE , , , , ,
種まきから収穫まで 小学生が農業体験 那覇(RBC琉球放送)
この取り組みは子どもたちに農業の魅力を知ってもらおうと沖縄共同青果が実施したもので、那覇市の曙小学校の5年生、およそ50人が参加しました。
2018.02.04 SUN , , , ,
“給食の先生”が地元の小松菜農場を見学 「給食に地域産物の活用深めたい」 愛知(東海テレビ)
愛知県は2020年までに学校給食での地域産物の活用割合を45%以上に引き上げる目標を掲げていて、主催者は「研修を通し地域産物の活用を深めていきたい」と話していました。
2017.10.19 THU , , , , , ,
萩・むつみ中、学校林でマツタケ収穫(山口新聞)
春と秋と冬の3回、全校生徒で学校林の手入れをするなど森の環境を守る活動を続けている。収穫したマツタケは学校給食で振る舞われる。
2017.04.21 FRI , , , , , ,
特産八重桜食べてみて 園児ら摘み取り体験 秦野(神奈川新聞×Yahoo!)
小野さんからお土産にもらった八重桜の塩漬けは、細かく刻んでご飯と混ぜて、「桜ご飯」にして給食で食べるという。
2017.04.17 MON , , ,
「フノリとったぞ」児童が収穫体験/青森・階上(デーリー東北)
フノリ採り体験は50年ほど前から継続している同校の伝統行事。地区の特産物であるフノリを採り、郷土の資源に興味や理解を深める狙いがある。
2016.11.18 FRI , , , , , , ,
賢治の「下ノ畑」ハクサイを収穫(朝日新聞)
宮城県の塩釜市立浦戸小の児童が採取した種を仙台市の明成高校の生徒が苗に育て、南城小の児童が下ノ畑約5アールに約1千株を植え付けた。地元住民でつくる「下ノ畑保存会」のメンバーが育てた。
2016.11.18 FRI , , , , , , , ,
「下ノ畑」白菜豊作 南城小児童が収穫(岩手日日新聞)
高橋代表によると、国産白菜は賢治の詩「白菜畑」でも語られる中国原産の芝罘(チーフー)系品種から、宮城県塩釜市の浦戸諸島で大正時代に種を採ったのがルーツ。
2016.10.19 WED , , , , ,
宇佐市の小学生がクロダマルの収穫体験(OBS大分)
クロダマルは粒が大きく、甘みが強いことが大きな特徴です。19日は宇佐市の子どもたちに地元の特産品について知ってもらおうと小学生33人が収穫を体験しました。子どもたちは大きく育った枝豆に目を見張り農家の人にもぎ方を教わりながら夢中になって収穫していきました。
2016.10.12 WED , , , , ,
保育園児が落花生の収穫体験(IBC岩手放送)
畑にはびっしりと茂った落花生の葉。子どもたちは2人一組になって収穫に挑戦しました。土の中からは落花生がごろごろ。子どもたちは実がどう付いているのか観察しながら、次々と収穫していきました。
2016.10.12 WED , , , , ,
オリーブ 児童ら給食用収穫 小豆島・池田小(毎日新聞)
国内最大のオリーブ生産地・小豆島で、子どもの頃からオリーブに親しみ、地産地消につなげようと毎年、町内の全小中学校で開いている。
2016.07.03 SUN , , , , ,
甘くておいしい!笑顔も豊作 JAひまわり「わい!わい!農園」/トウモロコシ収穫に汗 豊川(東日新聞)
トウモロコシは自分たちで4月に種をまき、6月には摘果作業を行って大きく育てたもの。総勢65人の参加者は大粒の汗を流しながら、丁寧に取り、バケツをいっぱいにしていった。
2016.05.17 TUE , , , ,
学生植えた野菜収穫、給食センターに提供 南阿蘇村の東海大(西日本新聞)
それでも「学生たちができないのなら、自分たちが野菜を育ててやらないと」と、姉の家に身を寄せながら3日に1回はキャンパスを訪れたという。
2016.05.13 FRI , , , , ,
玉ねぎでっかいね!北茂安小1年生が収穫体験 みやき町(佐賀新聞)
作物を収穫する喜びを味わってもらおうと約20年間続けている。昨年9月に種をまき、11月に苗を植え、4~5月に取り入れの時期を迎えた。
2016.04.20 WED , , , ,
朝採れタケノコ、給食で味わう 氷見の「こもれびの里」(北國新聞)
上田地区は今年「裏年」で収穫量は1日10キロ前後と昨年の半分以下にとどまり、出荷せずに施設内の給食で朝採れを味わっている。
2016.04.15 FRI , , , ,
アオノリの収穫体験  下関(日テレNEWS24)
子どもたちは「やっぱ楽しい、ストレス発散ストレス発散」と喜んでいた。
2016.03.20 SUN , , , ,
上野小学校1年児童、食育のジャガイモ収穫に笑顔(宮古新報)
児童たちは昨年10月に同青壮年部メンバーらのアドバイスを受けながら植え付け作業を行った。 半年を経ての収穫に児童たちは目を輝かせた。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友