給食トピックス

交流給食タグのトピックス一覧

2017.11.12 SUN , , , , , ,
生産者も招いて地産地消給食 矢板(下野新聞)
献立には、小麦粉や豚肉など県産食材をふんだんに取り入れた。中でもシチューには市産タマネギやニンジンを使用。2年生の児童らが2人の生産者らと給食を堪能した。
2017.11.08 WED , , , ,
所沢市:新日本プロレス「田口 隆祐選手」が所沢小学校を訪問します
特別支援学級、4年生、6年生のクラスでは、授業の一部の時間を使い講義をしていただき、2年生のクラスでは児童と給食を食べる予定です。
2017.11.01 WED , , , ,
地元ずくめの味いかが “みなかみの味”給食で楽しむ(上毛新聞)
献立は、町のブランド米「水月夜」のご飯をはじめ、地元野菜を使ったマーボー豆腐、ナムル、卵スープ、サツマイモの甘煮、リンゴ、飲むヨーグルト。
2017.10.21 SAT , , ,
箕輪南小学校 全校で「もみじ給食」(伊那谷ねっと)
秋の紅葉をたのしみながら学校の庭で食べる予定でしたが、気温が低かったため体育館に集まりました。
2017.10.19 THU , , , , ,
笠間産の栗ご飯など満喫 市立小中学校で生産者招き特別給食(東京新聞)
笠間市の残食率は、今年五月の市の調査で小学校が9・8%、中学校が9・6%だった。
2017.09.29 FRI , , , , , ,
小中学校で新米給食、生産者と交流も…日南(読売新聞)
同市内の小中学校では地産地消を進めるため、毎年秋以降に地元素材を使った給食を提供している。今年は今月から順次、新米やミカンなどを月1回程度、献立に入れる。
2017.09.29 FRI , , , ,
給食の材料、いつもありがとう 市貝小で生産者と「交流給食」(中日新聞)
町の振興作物であるトマトやナスなどの生産者5人のほか、農産物を納品している道の駅サシバの里いちかい、県、町の職員も参加した。
2017.09.22 FRI , , , ,
オーストラリアの小学生が境小で生活体験 富士見町(長野日報)
「サッカー好きや、心の優しさは両国の子どもの共通点だが、清掃や給食、運動会は日本ならではの文化」
2017.09.11 MON , , ,
給食や教室掃除、日本の思い出に クルーズ船客向け体験(朝日新聞)
市教委の担当者は「外国人にとって給食や掃除体験は珍しいはず。児童も国際交流ができ、お互いウィンウィンだ」と話す。
2017.08.29 TUE , , , , ,
シンクロ・箱山さん 辰野西小で講演(長野日報)
「素直、謙虚、反省、感謝、奉仕の心を大切にしている。目標を持ち、素直な気持ちで行動してほしい」
2017.07.21 FRI , , , ,
生産農家と給食味わう 白山・松南小など(北國新聞)
白山市松南小で19日、給食に野菜を提供している生産農家を招いた交流給食会が開かれ、6年生62人が地物野菜をふんだんに使った献立に舌鼓を打ち、作り手の思いに触れた。
2017.07.06 THU , , , ,
生産者が児童と給食試食会 上島・岩城小(愛媛新聞)
給食に野菜などを提供している生産者と児童の給食試食会が5日、愛媛県の上島町岩城の岩城小学校であり、3年生11人と農家や県、町関係者ら約20人が楽しいひとときを過ごした。
2017.06.16 FRI , , ,
「先輩の皆さん、お話聞かせて」 高齢者と給食 伊勢・厚生小/三重(毎日新聞)
核家族化が進む中、高齢者と子どもたちが触れ合う機会を作ろうと1990年に始めた恒例行事。3年の児童が手作りの招待状を作って高齢者に届け、準備してきた。
2017.06.16 FRI , , , , ,
鹿島市納入組合が児童と試食 安全な給食へ意識新た(佐賀新聞)
「子どもたちに残さず食べることを呼び掛けると同時に、子どもたちと一緒に食べることで自分たちの安全な納入への意識改革にもつながるはず」
2017.06.05 MON , , , ,
G大阪堂安「夢与えるような人に」小学校訪問で刺激(日刊スポーツ)
給食の時間では堂安先生による即席の恋愛講座が開かれた。「好きな子がいる」という男の子に「告白は直接言えよ!」としっかりアドバイス。
2017.05.28 SUN , , , , , ,
活用広がる学校空き教室 地域と子どもの接点に 三田市(神戸新聞)
廊下も取り込んで改装し、一般の教室より1・5倍ほど広いため、16年度はランチルームに毎回20~30人の住民を招き、学年ごとに30人前後の児童全員と一緒に食べることができた。
2017.04.21 FRI , , , , , ,
NZ代表と一緒に給食 教育 相川小に女子選手16人 厚木(タウンニュース)
選手たちは2年生から6年生の各クラスに分かれ、一緒に給食を食べたり、けん玉などをしたりして子どもたちとの交流を楽しんでいた。
2017.04.20 THU , , , ,
浦添・港川小の給食に興味津々 スロバキアの教育大臣が視察(琉球新報)
プラヴェチャン氏は「日本の学校を訪問できてとても感激している。給食センターなどが日本の学校のシステムで参考になった」と述べた。
2017.04.16 SUN , , , , ,
絆深め韓国料理の給食 太宰府(毎日新聞)
大宰府西小の4年4組(35人)では木村甚治教育長や市国際交流員のキム・アヨンさんらが一緒に給食を食べた。献立は、ビビンバ(混ぜご飯)にミョック(ワカメスープ)。
2017.02.12 SUN , , , ,
鹿島の納入組合員ら、児童と一緒に給食楽しむ(佐賀新聞)
「給食は皆さんの体のことを考えて調理されているので、残さないで食べてほしい。私たちも食中毒やノロウイルスに注意をして食材を納入します」

その他

  • ④カゴメ株式会社

企業広告

  • 株式会社 藤江
  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく
  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友