給食トピックス

パン給食タグのトピックス一覧

2019.03.15 FRI , , ,
6市町 給食のパン納入できず 石川県(NHK石川NEWSWEB)
新年度から給食でパンの提供を見送ることになったのは、金沢市や白山市など県内6つの市と町にある105の小中学校などです。
2019.03.06 WED , , , ,
学校給食「パンが出ない」 パン工場は廃業の危機(中京テレビ)
「地場産物を(使う)ということが、給食ではテーマとなっていますので。米は日本国内でとれるんですけど、小麦はどうしても輸入小麦なので」
2019.02.08 FRI , , ,
2月の三条市学校給食に三条産小麦のコッペパン(ケンオードットコム)
内容は、5月に米粉パン、7月に米粉麺、10月米粉パン、12月三条小麦麺のカレーラーメン、2月は三条産小麦を1割使用した三条産小麦入りパン。
2019.01.22 TUE , ,
製パン業界、商品力で需要増目指す 「パン給食」週2回へ努力(日本食糧新聞)
一方、価格改定の時期と、記録的な猛暑の襲来時期が重なり、需要が減少し販売個数は伸び悩んだ。
2018.12.12 WED ,
給食の主食「パン」が激減 その理由は…(日テレNEWS24)
2018.11.30 FRI , , ,
ニュースQ3 減ったパン給食、「大人の事情てんこ盛り」(朝日新聞)
10月中旬、岩手県北部にある葛巻町立江刈小。給食の時間になると、子どもたちは持参したお弁当箱を開け始めた。
2018.10.26 FRI ,
消えゆく給食パン 茨城県内週0.5〜2日 米飯増、業者撤退相次ぐ(茨城新聞)
県学校給食パン協同組合によると、30年前に県内で86社あった給食パン業者は、現在3分の1のわずか28社まで減った。米飯給食などを兼ねる業者もあるが、約6割は給食パン専門だ。
2018.10.22 MON ,
製パン界が学校パン給食推進協議会設立 週2回パン給食目指す 食文化継承食育の一環(日本食糧新聞)
会長には西川隆雄全日本パン協同組合連合会(全パン連)会長が、副会長には飯島延浩日本パン工業会会長と細貝理榮パン食普及協議会会長が就いた。
2018.10.22 MON ,
「学校パン給食推進協議会」設立、週2回のパン給食目指す「子供達により美味しいパンを」(食品産業新聞)
『もっと美味しいパンを』という声もある。信じられないことだが、未だに50年、60年前の配合で学校給食パンを作っている事業者もいる。理由を尋ねると『決まっているから』と言う。ここも変えていきたい。
2018.10.02 TUE , , , ,
パン需要拡大推進協議会を設立するパン業界の狙いとは?(農業協同組合新聞)
もし、パン業界の要求が通って学校給食でのパン食が週に2回になったらどうなるのか? 
2018.06.20 WED , ,
パン食普及協議会、総会開催 学給パン問題解決へ現状発信取り組む(日本食糧新聞)
細貝会長は「学給パンの問題」は10~20年先のパン市場を考えた時に、現在から取り組んでも遅い。パン関連産業全てに影響が出る課題との認識を示した。
2018.05.29 TUE , , , , ,
第62回総会を開催、学校給食パンの増加に向けた検討進む/全パン連(食品産業新聞)
「基準Bで進めて問題ない。文科省から上乗せで衛生管理の実施を求めることはない」との返答を得た。
2018.05.21 MON , , , , , ,
日本パン工業会総会 飯島延浩会長が12期目に、副会長・専務も続投/「パンと米飯のバランスの取れた学校給食を」(食品産業新聞)
「学校給食でパン食の回数が減っていることから、パンと米飯のバランスのとれた学校給食が実施されるよう、やや時間を要することになるかもしれないが、一歩一歩着実に取り組んでいきたい」
2018.02.05 MON , ,
全日本パン協同組合連合会、学校給食緊急対策委中間報告 文化発展には週2回以上(日本食糧新聞)
同委員会は、政府が進める「食料自給率の向上」による米飯給食が推奨され、学校給食におけるパン食が週0回から1回程度まで減り、製パン事業者が事業継続が困難で廃業などを余儀されている現状を踏まえ発足。
2017.11.11 SAT , ,
給食 パン復活へ奮闘 飯田の工房「ゆめのや」 子どもたちの笑顔、励みに(毎日新聞)
飯田市では飯田米穀のほか、1万を超えるパンを提供でき、県の学校給食会が指定する市内の業者もないことも影響した。
2017.09.29 FRI , , , ,
給食の「主食」確保、戸惑う家庭 一戸・一野辺製パン倒産(岩手日報)
29日以降は盛岡、久慈、洋野、軽米、九戸の5市町村がパンを米飯に切り替える。八幡平市は週4日の米飯持参を週5日にする。一戸、岩手、葛巻各町と盛岡市の玉山地区は、児童生徒に主食を持参させる。
2017.09.28 THU , , , , , ,
地元・岩手県では「イチノベパン」ブランドで有名、一野辺製パンが破産開始(帝国データバンク)
大手業者進出による競合激化や大手スーパーからの値下げ要請の恒常化、コンビニエンスストアチェーンとの取引休止などで業容縮小を余儀なくされ、2017年2月期の年売上高は約12億2700万円に減少していた。
2017.09.28 THU , , , , ,
「給食どうなる」自治体が緊急対応 一野辺製パン破産(岩手日報)
一戸町(約950食)と岩手町(約900食)、葛巻町(約300食)、盛岡市の玉山地区はパンと米飯両方で週5日間の主食を委託している。
2017.09.28 THU , , , ,
一戸・一野辺製パンが破産 146人解雇、給食に影響(岩手日報)
解雇者数は県内では近年最大規模とみられる。負債総額は約8億2千万円で、今年2番目の規模。各自治体などによると、9市町村、約1万6500食の学校給食を受託しており、影響が懸念される。
2017.08.15 TUE , , ,
全パン連、学校給食緊急対策委員会開く センター炊飯へ移行進む 給食パン回数週平均1.3回(日本食糧新聞)
加工賃については、地域で約10円の差があった。さらに、米飯のセンター炊飯化への移行も増加していることが分かった。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友