給食トピックス

イノシシタグのトピックス一覧

2019.01.23 WED , , , , ,
山の恵み、ジビエカレー 浜松・春野の学校給食に(静岡新聞)
ジビエカレーは市春野学校給食センター(同町)が、ジミートからイノシシ肉7キロを仕入れて作った。同センターの担当者は「軟らかくするため、普通の豚肉より約15分長く煮込んだ」と述べた。
2019.01.23 WED , , , ,
給食でジビエ「おいしい」 春野町内5カ所で提供(中日新聞)
市がジビエの地産地消を目的に初めて企画。今季に捕獲されたイノシシの肉七キロを使い、町内の給食センターが二百五十五食分を作った。学校給食週間にちなみ、この日は昭和の代表的な献立も取り入れ、麦ご飯、煮卵などが付いた。
2018.11.21 WED , , , , ,
日田市の給食にシシ肉カレー登場(西日本新聞)
県産食材の積極的な活用を図る毎年11月の取り組み「学校給食まるごと大分県」の一環で、今年は16日に振る舞われた。
2018.11.18 SUN , , , , , ,
ジビエ給食に大満足 竹田、日田両市の49校(大分合同新聞)
今回は有害鳥獣駆除や加工をする「竹田オーストリッチファーム解体・販売所」(飛田川)が10頭分の肉66キロを提供。ジビエ肉は高価なため、今後の実施は未定。
2018.09.19 WED , , , ,
ジビエ給食 イノシシのぼたん汁 五條市(NHK奈良NEWSWEB)
「子どもたちがおいしそうに食べてくれてうれしい。次はジビエカレーやジビエギョーザを出したいと考えているので、楽しみにしていてほしい」
2018.09.06 THU , , , , ,
イノシシ肉 給食に 地元消費拡大狙い検討 ジビエ試食会、保護者ら60人味わう 島原市(毎日新聞)
関係者は「子供たちにイノシシ肉をおいしいと認識してもらいたい」などとしている。
2018.07.27 FRI , , , ,
給食にイノシシの肉活用で試食会 島原(NHK長崎NEWSWEB)
まずは、調理室で調理員たちが地元で捕獲し、解体・精肉されたイノシシの肉の特徴を確かめながら、カレーや甘辛揚げなどに調理していきました。
2018.07.13 FRI , , , , ,
新発売のジビエ餃子を給食で試食 五條(朝日新聞)
有害鳥獣として駆除された奈良県五條市のイノシシ肉を使った「五條ジビエ餃子(ぎょうざ)」が、同市立西吉野小学校の12日の給食に提供され、児童63人や太田好紀市長らが試食した。
2018.06.21 THU , , , , ,
全小中学校でジビエ給食 イノシシ、シカ肉の竜田揚げやカレー 対馬 (西日本新聞)
ジビエ給食は食育の一環で実施。市内では昨年度、有害鳥獣としてイノシシ3069頭、シカ5365頭が捕獲されたが、大部分を埋設処理しているという。
2018.03.08 THU , , , , ,
ジビエ給食 日田の小学校で 高校生考案 シシ肉の「ミルクカレー鍋」(毎日新聞)
1月末の「シシ鍋」創作レシピ大会で、グランプリを射止めた昭和学園高調理科チームの同作品が採用された。中学校でも8日に実施する。
2018.03.06 TUE , , , , ,
高校生の考えたジビエ料理が学校給食に 日田(OBS大分放送)
日田市はジビエの消費拡大に向けて、高校生を対象にした料理コンテストを今年1月に開催しました。グランプリに輝いたのは、昭和学園高校の「野菜たっぷりミルクカレー鍋」。
, 2018.01.28 SUN , , , ,
駆除イノシシの資源化テーマに 津和野・日原小でジビエ学習(山陰中央新報)
3年生15人が捕獲方法や急速凍結装置(CAS)を使った鮮度保持の取り組みなどを学んだ。
2017.11.19 SUN , , , , ,
日田市で初の「ジビエ給食」 20小中と支援学校 (西日本新聞)
猟友会や肉の販売業者などでつくる市ジビエ推進協議会が費用の一部を助成して実現した。
2017.08.09 WED , , , , , , ,
山口県:長門市小中学校栄養士が「ジビエ」研修会を開催
このたび、長門市小中学校栄養士が、地域食材として注目を浴びている「ジビエ」について、給食メニューへの活用を検討するため研修を行います。
2017.06.23 FRI , , , , ,
イノシシ肉を食卓に 北陸3県で取り組み 料理教室や給食など(日本経済新聞)
イノシシの生息域が拡大、捕獲頭数が年々増加するなか、害獣を地域活性化の資源としてとらえ直している。
2017.05.24 WED , , , , , , ,
ジビエ給食に児童ら舌鼓 松江・島大付属小で振る舞う(山陰中央新報)
忌部地区のコメ粉麺を使ったほうとうや八雲町産のイノシシ肉、宍道湖産のシジミ、地元野菜など8種類の食材を使い、鹿島町産のみそで味付けする。
2017.02.14 TUE , , , , ,
地元産イノシシカレー登場 安来の学校給食(日本海新聞)
島田小の4年生のクラスでは、16人の児童のうち6人が自宅でぼたん鍋やカレー、焼き肉としてイノシシ肉を食べたことがあるといい、山でイノシシを見たことがあるという男の子も。
2016.11.22 TUE , , , , ,
ジビエを学校給食に調理研修会(NHK福井放送局)
続いて、フランス料理のシェフがイノシシ肉の調理のコツを実演を交えて紹介し、肉をやわらかくするために調理前に煮込んでおくことや、ケチャップやパイナップルなど子どもたちが食べやすい甘酸っぱい味付けで、においを取ることなどを説明しました。
2016.11.17 THU , , , ,
ジビエ もりもり食べて 古座川町(読売新聞)
古座川清流鹿を使い、鳥取県で開かれた「全国ご当地バーガーグランプリ」(10月)で1位になった逸品で、児童、生徒にもおおむね好評だったことから、8月に各学校の調理員を対象とした講習会を開くなど、ジビエ料理の本格導入に向けた準備を進めてきた。
2016.09.28 WED , , , ,
学校給食にジビエ料理 イノシシ竜田揚げ、有効利用へ試行 対馬(西日本新聞)
市は捕獲したイノシシの一部を市営「対馬猪(いの)鹿加工処理施設」で解体して食肉に加工し、第三セクター「観光情報館ふれあい処(どころ)つしま」で販売しているが、消費が限られているのが実情だ。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友