給食トピックス

だしタグのトピックス一覧

2018.08.01 WED , , , , , , ,
和食のイロハ伝授 調理講習会に栄養教諭ら48人参加 (山口新聞)
だしは前日から作ることや、小さい食材を手前に盛り付けるなど調理時のこつも教えた。
2018.08.01 WED , , , ,
関西の力 だし(3)京野菜給食、京都では小学生からだしの香りに親しむ 和食の良さ継承のために(産経新聞)
京都府立大は、京都和食文化研究センターを設立。立命館大も平成30(2018)年に「食科学部(仮称)」の開設を目指す。龍谷大も「食の嗜好研究センター」を開設した。
, 2018.03.20 TUE , , , , , , ,
東洋水産:札幌市内の小中学生を対象に食育講座「おいしい『めんつゆ』の虎の巻!だしの秘密」を開催のお知らせ
当日は北海道工場の従業員が講師を務め、地元の小学3年生~中学生の親子が参加予定です。プログラムではまず、だしの役割や旨味の相乗効果、地域ごとの嗜好に合わせた「赤いきつね」のつゆの違いについて試飲を交えて体感していただきます。
2018.01.25 THU , , ,
だし生かした料理提供 氷見で学校給食週間始まる (北國新聞)
氷見市の学校給食週間は24日、市内17小中学校で始まり、児童生徒が「だしの良さを知ろう」をテーマにしたメニューを給食で味わった。
2018.01.10 WED , , , , ,
給食に和食増やそう 栄養教諭ら、料理人からこつ学ぶ(秋田魁新報)
「だしがしっかり取れていれば、味付けは調味料で手助けする程度。素材の味が生き、食材による味の違いが楽しめるようになる」
2018.01.10 WED , , , , , ,
料理人が給食栄養士に減塩指導(NHK秋田NEWSWEB)
豆腐のすまし汁は、だしを加える前に具となるタマネギやニンジンを炒めると、野菜の甘みが引き立ち、優しい味わいになると説明しました。
2017.11.27 MON , , , ,
小学生が“だし”の大切さ学ぶ (サガテレビ)
4日の給食では、にぼしだしの味噌汁にかつおぶしと干しシイタケのだしを使ったおからの炒り煮、さんまのかば焼きなどが出されていました。
2017.10.02 MON , , , , ,
5千校参加に再挑戦 “だしで味わう和食の日” 和食会議(食品新聞社)
11月24日の和食の日に和食給食で本物のだしの旨みを実感し、和食とは何かを考えるきっかけにしてもらう。
2017.09.12 TUE , , , , ,
給食に天然食材「元気だし」 三豊市(毎日新聞)
ネラル(無機塩類)が豊富な観音寺市の伊吹島産イリコと長崎産アゴ(トビウオ)を使い、うまみ成分が出る昆布とシイタケも使う。
2017.03.13 MON , , , , , , ,
かつお節の欧州輸出強化 焼津のメーカー、HACCP取得(静岡新聞)
県や県水産技術研究所(同市)の支援を受けながら、独自の製造技術も導入するなど「世界最高といわれるEU基準」(柴田一範常務執行役員)をクリアした。
2016.11.25 FRI , , , , ,
和食の日に昆布テーマに特別授業 敦賀の松原小6年生(中日新聞)
主に江戸時代に北前船の寄港地だった敦賀には北海道の昆布が集まり、琵琶湖を経由して近畿地方に運ばれるなどした歴史も教えた。
2016.11.24 THU , , , ,
和食の日 和食の給食に力を入れる埼玉県の小学校を取材しました。
11月24日は、「和食の日」。全国2,000以上の小学校で、給食に和食のメニューが出されました。
2016.11.24 THU , , , , ,
学校給食に京風うどん 「和食の日」で特別メニュー(苫小牧民報)
京風うどんに「だしの味がしてとてもおいしい。先生の料理の話もよく分かった」と笑顔。
2016.11.15 TUE , ,
給食用のだし、家庭でも 小学校長や栄養教諭ら考案 三豊の業者が商品化
化学調味料の使用から元気だしに切り替え、同時に運動量や睡眠時間の確保などにも取り組んだ結果、欠席児童の大幅減少や小児肥満、脂質異常の改善効果が見られた。
2016.11.09 WED , , , ,
和食の給食「おいしい」 牧之原、料理人の「だし」に驚き(静岡新聞)
食育の授業で辻村さんは、だし入りとだしなしの2種類のみそ汁を味見させ、和食に不可欠なだしの特徴を説明。だしの引き方も実際に指導し、料理のこつとして「食べてくれる人のことを思って作ると間違いなくおいしくなる」と伝授した。
2016.10.21 FRI , , , ,
短命県解消図る「できるだし」の出荷10万個に(デーリー東北)
三村知事は「できるだしの販売が減塩活動につながる。おいしいものを作ってくれ、感謝している」と述べた。
2016.06.23 THU , , , ,
被災地の児童 本格和食 調理を体験 熊本出身の料理人 益城町で食育授業(日本農業新聞)
取り組みは、農水省の2016年度和食給食推進事業を活用。同校の5年生3クラス100人が参加した。水に昆布とかつお節を入れ、基本のだし汁作りに挑戦。大阪市で料亭「お料理宮本」を営む宮本さんが講師を務めた。
2016.06.12 SUN , , , , , ,
かつお節っておいしい みそ汁飲み比べで児童ら(神奈川新聞)
出前授業では、小学生向けに製作したテキストを使い、かつお節の製造工程などを学んだ後、実際にかつお節を削り器で削り、香ばしい香りを堪能した。
2016.02.10 WED , , , , , ,
シイタケのうま味、生徒に伝授 内子で料理教室 内子町(愛媛新聞)
内子町や大洲市は県内干しシイタケの約7割を生産するが、生産量は担い手の高齢化や価格低迷で1970年代の約5分の1まで低下。やまもんもは消費拡大を目指し料理教室を開いている。
2015.12.21 MON , , ,
児童が見て味わう 一流料理人のだしのひき方(東京新聞)
前日から真昆布をつけた水を沸騰させて、上品な風味のまぐろ節と、香りの強いかつお節を入れ、だしをひいた。

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • 全国学校給食甲子園
  • WFP

企業サイト

  • ②オーケーズデリカ株式会社
  • 株式会社 菜友