給食トピックス

2017.07.26 WED , , , ,
採れたて最高 伊勢原市の児童が収穫体験(長野日報)
この日訪れたのは、伊勢原市農業協同組合が1泊2日の日程で行う食育ツアーに参加した同市内11校の小学生とJA職員。
2017.07.26 WED , , ,
毎日朝食を取る子の割合 小6で90% 食育計画 県が報告(信濃毎日新聞)
次期計画に向けた意見交換では、「小中学生に食育の授業をしても親に伝わらず、食卓に変化がない」などの意見が目立ち、県は「若い世代の食育を新たな柱の一つにしたい」と説明した。
2017.07.21 FRI , , ,
ペットボトルで簡単ピザ 食育に活用 災害時にも 石巻市(河北新報)
(5)ふたを外すと生地が飛び出す
2017.07.14 FRI , , ,
県内7チームを「食育キャプテン」に任命 正しい食事啓発(東京新聞)
選手たちは任命された後、県産米のおにぎりなどを頬張りながら談笑した。
, 2017.06.21 WED , , , , ,
牛乳できるまで、園児が学ぶ 富山市が初実施(北國新聞)
とやまアルペン乳業(同市林崎)の上田利江さんが講師を務めた。上田さんは何度も製品に異常がないか確認する体制があることや、1日に牛1頭から200ミリリットルの牛乳が100~150本ほどとれることを紹介した。
, 2017.06.20 TUE , ,
食育展 「うす味」テーマ 愛川町で23日まで(毎日新聞)
愛川町役場1階ホールで開かれている。町民に食についての関心を高めてもらうため、毎年この時期に実施している。23日まで。
, 2017.06.05 MON , , ,
農水省が食育白書 栄養教諭の配置促進など指摘(教育新聞)
同白書によると、平成28年5月1日現在、公立小・中学校などに配置されている栄養教諭は5765人。「学校における食育は、栄養教諭を中心に、全教職員が共通理解の下に連携・協力しつつ指導を展開することが重要であり、栄養教諭の更なる配置の促進を図ることが必要」としている。
, 2017.06.05 MON , , , ,
下呂小 食育モデルに…家庭と連携、野菜栽培も(読売新聞)
子どもたちは学んだことを家庭に持ち帰り、豊かな食生活につなげる。
, 2017.06.05 MON , , , , , ,
富士・大淵の新茶、急須で味わう 地元児童が入れ方学ぶ(静岡新聞)
大淵地区は同市の茶の産地。楽しむ会は、子供たちが地元の特産物に親しみ、地域の人と触れ合うことを目的に毎年、開いている。児童は新茶を使った給食も味わった。
, 2017.06.02 FRI , ,
食品ロス「ある」33% 食育白書「家庭に必要以上の在庫」(東京新聞)
別の調査では、食品ロスを減らすため何らかの行動をしている人の割合が一五年度は76・4%に上昇し「二〇年度に80%以上」とする政府目標に近づいたが、実際の結果が伴っていない傾向がうかがえる。
, 2017.05.31 WED , , , , ,
中1の虫歯、全国最少はあの県 17年連続達成の秘密は(朝日新聞)
給食後などの歯磨き実施率は、小学校が9割以上、中学校も7割以上。中学生ごろに増えるという歯肉炎対策として、デンタルフロスの指導を8割以上の小中学校で行っている。
2017.05.29 MON , , , , ,
食育指導員 20人養成 食品スーパーのカスミ(日本経済新聞)
同社では従来、同様の資格を持つ本部の食育担当者が店舗に出向いて活動してきた。ただ、食育体験への申し込みが多いうえ、栄養士の人数が限られていることから十分に対応できていなかった面もあったという。
2017.05.17 WED , , , ,
文部科学省:栄養教諭を中核としたこれからの学校の食育(平成29年5月)
この冊子は、栄養教諭の配置状況が各自治体により異なる中、各学校が食育を推進するために活用できるよう、栄養教諭をはじめ管理職、学級担任など全教職員を対象に作成したものです。
2017.05.17 WED , , ,
光が丘の水田で児童が田植え体験 120キロの収穫目指す(練馬経済新聞)
今回、植えた苗は10月ごろに刈り入れ、約120キロの収穫を予定。収穫後は各校で餅つきや給食の材料として使う。
2017.05.08 MON , , , ,
「第12回食育推進全国大会inおかやま」大会ホームページ
, 2017.04.12 WED , , ,
糖尿病医療費が23区最多の足立区、子供に食育(読売新聞)
「食事の一口目は野菜」という食習慣の定着率や、「ごはん、みそ汁、目玉焼き程度の朝食を自分で作れる」という子供の割合などを指標にして、追跡調査を実施する。
2017.04.10 MON , , , ,
長野産大豆でみそ造り 給食よくする会―熱海(伊豆新聞)
熱海、伊東両市から小中学生3人を含む30人が参加して、長野県産大豆を使ってみそ造りに取り組んだ。
2017.04.03 MON , , ,
日本健康教育学会栄養教育研究会:学校における食育野評価 実践ワークブック発行のご紹介
このワークブックは,子どもたちの「望ましい食習慣の形成」を目的とした食育を進めるためのワークブックです。STEP1から9まで,順を追って進めることで,食育の評価をPlan-Do-Check-Act(サイクル)にそって進めることができます。
2017.04.03 MON , , , ,
日本健康教育学会:栄養教育研究会 平成28年度公開学習会 報告 
食育の活動を多くの人に理解してもらうためには,目に見える形での評価が必要です.栄養教育研究会が提案する「学校における食育の評価」の方法がこの課題解決に貢献することを期待しています.
2017.04.03 MON , , , , , ,
米違いの「ふなずし」味比べ 滋賀で5種類を試食(京都新聞)
シヒカリとキヌヒカリ、「秋の詩(うた)」を使い、ニゴロブナやギンブナを約1年間漬けた計5種類のふなずしを用意した。

その他

  • ④カゴメ株式会社

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく 健康な日本食を支える、穀物を現代に、世界に 健康な日本食を支える、穀物を現代に、世界に
  • WFP

給食甲子園

  • 全国学校給食甲子園 給食ひろばは第12回全国学校給食甲子園を応援しています。 給食ひろばは第12回全国学校給食甲子園を応援しています。

企業サイト

  • 株式会社 菜友