給食トピックス

熊本県益城町 「復興サイダー」が給食費を支援しています!

復興サイダー1 こちらは「益城復興サイダー・炭酸水」と名付けられたサイダー・炭酸水です。

 熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城町。小中学生の給食費を支援しようと、8月4日から子どもたちが描いた絵をラベルにしたサイダーと炭酸水が販売されています。

 「復興サイダー」を発案したのは、町内の自宅が全壊し、子ども3人が町立の小中学校に通う大平雄一県議(51)。支援物資の無料配布などに取り組んでいたスーパー経営会社「シーズユー」(熊本市東区)に商品化を持ち掛け、発売にこぎ着けたそうです。


 益城町では、学校給食センターが被災して復旧のめどが立っておらず、給食が県内の弁当業者の宅配弁当になっています。今年度中は弁当で対応する予定とのこと。


復興サイダー2

 宅配弁当にかかる費用は学校給食費の倍近くにもなり、保護者の負担を増大させています。その為、増額分は町の補助金やNPO法人の支援金で補っているそうです。

 ラベルの絵は、町内の小学1、2年生に「わたしの好きな人」をテーマに描いてもらい、10人分の絵を選んだそうですよ。

 サイダーは1本150円、炭酸水は140円(いずれも税別、500ミリ・リットル)で、それぞれ1本当たり約10円程度が町に寄付されます。


 今後、全国のコンビニや道の駅でも販売予定とのこと。被災地の児童生徒が給食を継続して食べられるよう、また、家庭の負担が軽減されるよう、微力ではありますが自分達にできる支援を行っていきたいですね。

 このレポートをご覧になった皆様も、是非ご協力をお願いします。


 

 この度の熊本地震で被災された皆様へ、心より御見舞い申し上げます。
 被災地の一日も早い復興を、社員一同心よりお祈り申し上げます。

その他

  • ④カゴメ株式会社

企業広告

  • ①株式会社 中西製作所

サービスサイト

  • ③株式会社はくばく 健康な日本食を支える、穀物を現代に、世界に 健康な日本食を支える、穀物を現代に、世界に
  • WFP

給食甲子園

  • 全国学校給食甲子園 給食ひろばは第12回全国学校給食甲子園を応援しています。 給食ひろばは第12回全国学校給食甲子園を応援しています。

企業サイト

  • 株式会社 菜友